前田敦子、あでやかな着物姿!理想の男性像明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
キレイ…前田敦子

 女優の前田敦子が2日、都内で行われた映画『のみとり侍』大江戸プレミアにあでやかな着物姿で登壇し、意外な理想の男性像を明かした。イベントには、阿部寛寺島しのぶ豊川悦司斎藤工風間杜夫大竹しのぶ松重豊鶴橋康夫監督も登場した。

女優陣の美しい着物姿!【写真】

 本作は、小松重男の時代小説「蚤とり侍」の実写映画化。エリート藩士から客の飼い猫の蚤を取るサービス業に左遷された小林寛之進(阿部)だが、その実態は、客に愛を奉仕する添寝業だった。そんな裏稼業に生きる男が、本物の愛と人情に出会っていくさまが描かれる。

[PR]

 寛之進の“のみとり”指南役となる江戸ナンバー1のプレイボーイ・清兵衛(豊川)の鬼嫁・おちえを演じた前田は、バラなどの数種類の花がデザインされた着物姿で現れると、「大尊敬するみなさんとこうやって同じ壇上に上がらせていただいて、それだけですごくうれしい」と感激しきり。また、「鶴橋さんに映画に呼んでいただけて、見たことのない景色をたくさん見せていただいて感謝しています」と手放しで喜んだ。

 しかし、興奮を抑えられないのは鶴橋監督のようで、「あっちゃんと並んでいます」と頬を緩めると、「センターマイクでずっと歌い続けてきたあっちゃんは、得も言われないオーラがありました」と紹介。「二人っきりでいる幸せを本当に感じました。僕はもうあっちゃんの大ファン!」と熱い思いを告白し、前田を照れさせた。さらに、女優として全幅の信頼も寄せているようで、「あっちゃんと工さんに、これからの映画、舞台、テレビを引き継いでもらいます」と語っていた。

[PR]

 この日は女性陣に、馬鹿正直な性格からエリート藩士から転落するも、のみ取り稼業にも真剣に取り組む生真面目な寛之進と、鬼嫁の尻に敷かれながらも自身の欲求は抑えられず、浮気を繰り返すプレイボーイの清兵衛のどちらがタイプかという質問が投げかけられる場面も。すると前田は「清兵衛さん」と答え、「そういうところを男らしいと思ってしまう、そんな歳」とはにかんでいた。(取材:錦怜那)

映画『のみとり侍』は5月18日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]