シネマトゥデイ

天才子役、再び!『ワンダー 君は太陽』ドキドキの初登校シーン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
家族の絆に涙 - (C) 2017 Lions Gate Films Inc. and Participant Media, LLC and Walden Media, LLC. All Rights Reserved.

 映画『ルーム』の天才子役ジェイコブ・トレンブレイが主演する映画『ワンダー 君は太陽』(6月公開)より、ジェイコブ演じる主人公のオギーが、家族に見守られながら初めて学校に通うドキドキのシーンがお披露目された。

【動画】涙が…『ワンダー 君は太陽』初登校シーン

 全世界で600万部のベストセラーとなった「ワンダー」を映画化した本作。生まれつき外見からわかる先天性の障害がある10歳の少年オギーは、幼い頃からずっと自宅学習をしてきたが、小学校5年生になって初めて学校へ通うことに。クラスメイトと仲良くなりたいオギーの気持ちと行動力によって、外見をじろじろ見て避けていた同級生たちが徐々に変わっていく……。

[PR]

 この度公開されたのは、オギーが初登校の日に学校の校門前で、母・イザベル(ジュリア・ロバーツ)と姉・ヴィア(イザベラ・ヴィドヴィッチ)が見守る中、父・ネート(オーウェン・ウィルソン)と男同士の話をするシーン。ネートは、「孤立してもお前は1人じゃない」と語りかけ、オギーがつけている宇宙飛行士風のヘルメットを外す。素顔になったオギーは、ネートとしっかりとハグをして1人で一歩ずつ学校へと歩いていく。

 今作でも天才子役っぷりを発揮しているジェイコブは2006年生まれの現在11歳。特殊メイクを施して難役に挑んでいる。映画『ウォールフラワー』などのスティーヴン・チョボスキーが監督と脚本を務めている。(編集部・梅山富美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]