シネマトゥデイ

佐藤健、ダークヒーロー役で新たな一面『いぬやしき』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
佐藤健、機械の身体に - (C) 2018「いぬやしき」製作委員会 (C) 奥浩哉/講談社

 俳優の佐藤健が、映画『いぬやしき』(公開中)で悪役に挑戦し、新たな一面をみせている。

【動画】佐藤健について語る木梨憲武

 本作は、奥浩哉の人気コミックを『GANTZ』の佐藤信介監督が実写映画化したもの。木梨憲武演じる余命宣告された初老の主人公・犬屋敷壱郎と、佐藤ふんする高校生・獅子神皓が、突然の事故をきっかけに超人的な力を手に入れてしまったことから巻き起こる壮絶な戦いを描く。

[PR]

 佐藤は、ドラマ「仮面ライダー電王」や、映画『るろうに剣心』『亜人』などで、殺陣やアクションの経験が豊富。本作でも、機械の身体となってしまう役ということで、鍛え上げた無駄のない肉体を惜しげもなく披露し、華麗なアクションを繰り広げている。

 また、佐藤は、映画『世界から猫が消えたなら』『何者』など繊細な若者を多数演じており、今作でも無敵の身体を手に入れてしまったことから起こる悲劇を、目の動きや抑えたセリフ回しで表現。劇中で「もう人間じゃないんだよね」といったセリフや、「バンッ」と指先で人を攻撃しようとする表情には一切のためらいがなく、さわやかな青年のイメージを覆し、ダークヒーローとして強烈なインパクトを残している。

 主演の木梨は、本作のインタビューで佐藤について、ジャンルを問わない演技の魅力があると語り、「佐藤くんは役に向かう姿勢もお芝居の仕方もすてき」とべたぼめしている。(編集部・梅山富美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]