シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
亜人
(C) 2017映画「亜人」製作委員会 (C) 桜井画門/講談社
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2017年9月30日
(全国東宝系)
製作:
映画「亜人」製作委員会
製作プロダクション:
東宝映画 / Production I.G
配給:
東宝
カラー

見どころ:桜井画門のコミックを原作に、不死身の主人公を『るろうに剣心』シリーズなどの佐藤健が演じ、『踊る大捜査線』シリーズなどの本広克行監督がメガホンを取って実写化。交通事故での死亡から一転、生還し、絶命と共に再生を始める能力を持つ新人類“亜人”であることが発覚した主人公が、国家権力やテロをもくろむ同種族の亜人との戦いを繰り広げる。ビルの屋上から飛び降りるなど不死身のキャラクターを生かしたアクション、生と死をモチーフにした深淵なストーリーに期待が高まる。

あらすじ:2017年の東京。研修医の永井圭(佐藤健)はトラックと衝突し死亡するが、その直後、肉体が回復し生還。不死身の新人類“亜人”であることが発覚する。圭は追われる身となり、亜人研究施設に監禁されるが、“帽子”と呼ばれる亜人のテロリスト・佐藤に助けられる。しかし、佐藤は国家転覆計画に加担しない圭を敵視。圭は佐藤の暴走を止めるために立ち上がる。

亜人
(C) 2017映画「亜人」製作委員会 (C) 桜井画門/講談社

映画短評

  • くれい響
    「踊る」『るろ剣』のその先へ!
    ★★★★
    »読む«閉じる

    またも、主人公が何者かに変貌するパターンの原作モノだが、Production I.Gに移籍してからの本広克行監督は、やはり何かが違う! 原作&アニメ版ではどこかダラダラした導入部など、端折れるエピソードは端折り、心地良いリズムで、亜人になった永井と佐藤の終わらないバトルを描く。「SP」の大内貴仁が繰り出すアクションとグロさも緩和させるCGとの相性は良く、まだまだ動ける綾野剛は『るろうに剣心』の外印同様、原作キャラとのギャップを埋める怪演で、またも佐藤健を喰いまくる。そして、ショウタイムと化す佐藤対SAT戦。 隊長役に高杉亘を配したこのバトルは「踊る大捜査線」ファンならずとも身震いするはず。

予告編・動画

佐藤健の肉体美がすごい!実写版『亜人』予告編
佐藤健主演!実写映画『亜人』特報映像

» 『亜人』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006
  • 写真007
  • 写真008
  • 写真009
  • 写真010
  • 写真011
  • 写真012
  • 写真013
  • 写真014
  • 写真015
  • 写真016

(C) 2017映画「亜人」製作委員会 (C) 桜井画門/講談社

ポスター/チラシ

  • 映画『亜人』ポスター
    ポスター
  • 映画『亜人』チラシ
    チラシ
  • 映画『亜人』チラシ
    チラシ

スタッフ

監督:
原作: 桜井画門
音楽: 菅野祐悟
主題歌: A-Sketch
製作: 市川南
エグゼクティブプロデューサー: 山内章弘
プロデューサー: 佐藤善宏 / 臼井真之介 / 牧野治康
プロダクション統括: 佐藤毅 / 鈴木嘉弘
監督補: 木村好克
助監督: 山本透
アクション監督: 大内貴仁
ラインプロデューサー: 岡林修平
撮影: 佐光朗
照明: 加瀬弘行
録音: 加来昭彦
美術: 禪洲幸久
装飾: 鈴木仁
衣装デザイン: 岡田敦之
メイク: 葉山三紀子
編集: 岸野由佳子
サウンドデザイン: 大河原将
選曲: 藤村義孝
VFXスーパーバイザー: 荻島秀明
制作担当: 高瀬大樹
キャスティング: 田端利江

キャスト

永井圭:
戸崎優:
田中:
奥山:
下村泉:
高橋:
永井慧理子:
佐藤:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『亜人』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年9月25日の週の公開作品
  3. 『亜人』