シネマトゥデイ

宇宙刑事ギャバンから仮面ライダー龍騎まで集結した自主映画の舞台裏とは?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヒーローポーズをビシッ! 左から須賀貴匡、高野八誠、青柳尊哉

 クラウドファウンディングで募った制作費が1,000パーセント超えという驚異の数字を叩き出した映画『HE-LOW』。「仮面ライダー龍騎」「ウルトラマンガイア」などの特撮ヒーローを経験し、本作のメガホンを取った高野八誠と、本作に出演している「仮面ライダー龍騎」の須賀貴匡、「ウルトラマンオーブ」『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!』の青柳尊哉が作品への思いを語った。

 高野が本作のコンセプトを思いついたのは2016年の2月。理由を聞くと「長い間特撮ものに出演してきた身として、何か一つ特撮界に投げかけられるテーマの映画を撮ってみたいというのはずっと自分の中にありました」と振り返る。「それで、『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』の共演で出会った青柳くんにオファーして。須賀くんとは、『仮面ライダー龍騎』の頃からの友人なので、居酒屋に呼び出してお願いしました(笑)」と話す。

 一方、須賀と青柳はオファーされたときの心境を「八誠くんがやることだったら、面白いだろうなって思って迷わず二つ返事で受けました」と声をそろえた。とはいえ、撮影していた時は青柳が「ウルトラマンオーブ」に出演していた頃。青柳は脚本を読んだ印象について「ヒーローが戦うことに疲れちゃって、悪が支配しているところからスタートするって聞いて、これはやばいなって(笑)。だって少なくともオレ、現役で世界守ってんのに」と話すと、『仮面ライダー龍騎』を演じていた須賀に「オレが現役だったら絶対やらなかったよ」と突っ込まれ、3人に笑い声が上がる。尽きることのない話を聞いていても、撮影現場の雰囲気が伝わってくる。

[PR]

 高野は「特撮をやっているといろいろな思いがわき上がってくるときがあって、映画の中にも出てくるんですけど、毎週都合よく怪獣が出てきて、それでヒーローが勝っちゃうのってなんか許せないなって(笑)。敵と味方がいてヒーローが絶対勝つみたいなのは嫌だったんで、好き勝手やってみたいなって思いました」と作品への熱い思いを吐露。須賀も「例えば、特撮っぽい芝居っていうのがあって。すごく大げさに動いたりするんです。普通は飛ぶときに、いちいちトオッ! って言わないしね(笑)。だから、実際にヒーロー物をやっていた役者がこういう自由な特撮映画を撮るのってパロディー的な要素もあって単純に面白いと思うんです」と話す。青柳もまた、「勧善懲悪の世界が成り立たない世界ってリアルだし。特にこの映画をやって怒られるかも、なんてことも考えませんでした。ローバジェット(低予算)で、好きなことやれるなんて楽しそうだし! それに自主映画で特撮ってやばいでしょ」と笑顔を浮かべる。

 「特撮俳優が撮る、特撮コメディー」というアイデアは、多くの特撮ファンの心を掴み、クラウドファウンディングでは異例の1,000パーセント超えを記録。なんと1,000万円の資金が集まった。「無責任に自由にやろうって言っていたのが、急にちゃんとした作品を作らなきゃって責任が出てきちゃった感じで焦りました」と話す高野だが、本編には、「ウルトラマンガイア」の吉岡毅志のほか、「宇宙刑事ギャバン」の大葉健二、「人造人間キカイダー」の伴大介、「超光戦士シャンゼリオン」の萩野崇、特撮作品には常連の島津健太郎などそうそうたる面々も出演。特撮ファンにはたまらない仕上がりとなっており、特撮界に新しい風を吹き込む一作となりそうだ。(取材・文:森田真帆)

映画『HE-LOW』特別上映&トークイベントは4月28日、なかのZEROホールにて開催 18:00開場/19:00開演 (eプラスにて前売り発売中)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]