シネマトゥデイ

安田顕&音尾琢真&戸次重幸!朝ドラにTEAM NACSから3人!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
安田顕&音尾琢真

 北海道を舞台にした2019年度前期の連続テレビ小説「なつぞら」に、北海道を拠点に活動する人気演劇ユニット TEAM NACS から音尾琢真安田顕戸次重幸が出演することが決定し、26日にNHK局内で行われた出演者記者発表会見に安田と音尾が出席。それぞれの思いを語った。

【写真】広瀬すず「なつぞら」に豪華メンバー!

 記念すべき100作品目となる本作は、戦災孤児となり、父の戦友に引き取られて北海道・十勝で酪農を手伝いながらたくましく育った奥原なつ(広瀬すず)が、やがて上京し、草創期のアニメ業界で生きていく様子を描く物語。音尾はなつの酪農の先生・戸村菊介、安田は十勝・帯広のお菓子発明王である小畑雪之助、戸次は夢を求めて北海道に移住してきた一家の主・山田正治を演じる。

[PR]

 朝ドラ初出演の音尾は「憧れの朝ドラ、しかも100作目の『なつぞら』に出ることができて本当にうれしく、北海道出身でつくづく良かったなぁと思っている次第です」とコメント。しかし、この日のイベントではすぐ横に安田が座っており、「隣を見ると劇団の仲間が……。他にも戸次重幸がいるということで喜びは半減しております。あと二人(森崎博之、大泉洋)が出てこないことを願うばかりです」と渋い顔を見せて笑いを誘う場面もあった。

 一方、2008年の「瞳」で朝ドラ出演経験のある安田は「北海道が舞台の作品に呼んでいただけること、心より感謝申し上げます」と礼を述べると、「27年もの付き合いがありますが、こうして同じメンバーと一緒にやれることが嬉しくて、残る二人も何とか出ていただければ」と音尾とは真逆のリクエスト。さらに「ひょっとしたら、これは(大泉の)バーターなんじゃ……」と勘ぐる素振りで報道陣を笑わせるが、やる気は十分。「撮影まで、その後も、日々、品行方正に過ごしていきたい」と気を引き締めていた。(取材・文:錦怜那)

連続テレビ小説「なつぞら」は2019年度前期にNHKで放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]