シネマトゥデイ

ティナ・ターナーのドキュメンタリー、オスカー監督が製作

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
まだまだパワフル! - ティナ・ターナー - David M. Benett / Dave Benett / Getty Images

 映画『アンディフィーテッド 栄光の勝利』でアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞、『LA 92』ではエミー賞を獲得したダン・リンジーT・J・マーティン共同監督が、米国の歌手ティナ・ターナーを題材にしたドキュメンタリーを製作することになった。The Hollywood Reporterほか複数メディアが報じている。

【写真】パフォーマンス中のティナ・ターナー

 本作は、オスカー受賞作品『マン・オン・ワイヤー』『シュガーマン 奇跡に愛された男』のサイモン・チンとエミー賞を受賞したジョナサン・チンの制作会社ライトボックスのもと製作が進められている作品。

 同作は、ティナ・ターナー自身のインタビューはもちろん、彼女の友人、家族、音楽仲間、そして多くのアーカイブ映像をもとに描いていくようで、今夏から撮影に入る予定。またアルティテュード・フィルムズが5月8日~19日に開催されるカンヌ国際映画祭でセールスを行うようだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]