舞台「おおきく振りかぶって」続編決定!西銘駿が主演続投

前作の舞台写真
前作の舞台写真 - (C) ひぐちアサ・講談社/舞台「おおきく振りかぶって 夏の大会編」製作委員会

 人気野球漫画を原作とし、今年2月に上演された舞台「おおきく振りかぶって」の続編公演が9月に上演されることが発表された。前作に引き続き、特撮ドラマ「仮面ライダーゴースト」の主演で知られる俳優・西銘駿が主人公を演じる。

舞台「おおきく振りかぶって」を写真で振り返り!【ギャラリー】

 ひぐちアサによる原作は、コミックス累計発行部数1,000万部以上を誇る人気漫画で、テレビアニメ化もされている。球児たちの成長を描く野球漫画だが、従来のスポーツマンガと比べ、登場人物の繊細な心理や日常の細やかな場面が描写されることが特徴とされる。

[PR]

 舞台化は大きな話題を呼び、2月の公演のチケットは即日完売。その続編となる「おおきく振りかぶって 夏の大会編」が9月6日より東京・大阪にて上演される。卑屈で気弱な主人公・三橋廉を演じるのは、前作と同じく若手俳優の西銘。脚本・演出を手掛けるのは、演劇集団キャラメルボックスの成井豊。(編集部・小山美咲)

舞台「おおきく振りかぶって 夏の大会編」は池袋・サンシャイン劇場にて9月6日~17日、大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて9月28日~30日上演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]