シネマトゥデイ

『キャプテン・マーベル』コールソンのシールド新人時代を描く!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
画像はコールソンと雷神ソー - Walt Disney Studios Motion Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 マーベルスタジオ初の単独女性ヒーロー映画『キャプテン・マーベル(原題) / Captain Marvel』で、フィル・コールソンが国際平和維持組織シールド(S.H.I.E.L.D.)に入ったばかりの新人時代が描かれるという。同役を務める俳優クラーク・グレッグがEW.comに語った。

コールソンが日本のファンをノックアウト!【来日写真】

 『ルーム』のオスカー女優ブリー・ラーソンが主演を務める本作。地球が2種族のエイリアン間の銀河戦争に巻き込まれていた架空の1990年代を舞台に、事故によってDNAがエイリアンのものと融合し、スーパーパワーを得た空軍パイロットのキャロル・ダンバース=キャプテン・マーベルの姿を描く。

[PR]

 クラークは今作のコールソンについて「彼はシールドに入ったばかりの新人なんだ。だいぶ若い。今までで一番若い時の彼を見ることになる」と説明。さらには「『アイアンマン』でコールソンは『スタークさん、こういう経験は初めてじゃないですから』と言っていたけど、今作で描かれることがその初めての経験かもしれない」と過去作とのつながりも指摘していた。

 マーベルの原作コミックスにも詳しいクラークは、「キャプテン・マーベルがスクリーンに登場するなんて。本当にかっこいいキャラクターだからね。それに、少なくともコミックスでの彼女はマーベル・ユニバースの中でもかなりパワフルなんだ。サノスを除けば、今まで映画に登場してきたヒーローの中では一番強いんじゃないか」と大きな期待を寄せていた。

 今作にはコールソン役のクラークのほかに、ニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソン、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の悪役ロナン役のリー・ペイスとすでにおなじみのキャストに、ジュード・ロウベン・メンデルソーンらが出演する。全米公開は2019年3月6日公開予定。(編集部・石神恵美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]