杉野遥亮、爽やかビリヤード姿!『きらきら眼鏡』場面写真

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
爽やか! - (C) 森沢明夫/双葉社(C) 2018「きらきら眼鏡」製作委員会

 新人の金井浩人池脇千鶴がW主演を務める映画『きらきら眼鏡』(2018年9月公開)から、杉野遥亮片山萌美ら共演者たちの場面写真と、青空をバックに主演の2人が並んで写る爽やかな本ビジュアルが公開された。

【写真】杉野遥亮、片山萌美ら出演!『きらきら眼鏡』場面写真

 有村架純が主演した『夏美のホタル』などの原作者である森沢明夫の同名小説を映画化した本作。恋人の死を乗り越えられず苦しむ主人公の明海と、余命宣告を受けた恋人を持つヒロインのあかねを中心に、人と人の触れ合いや主人公の成長が描かれてゆく。明海役には新人の金井が抜擢され、あかね役を『万引き家族』などの池脇が務める。メガホンを取ったのは、『つむぐもの』を手掛けた気鋭の犬童一利監督。

[PR]

 この度、各キャストの場面写真が公開され、産業廃棄物の処理場で事務員として働くあかね、駅係員として働く明海、あかねの恋人で余命宣告されている裕二(安藤政信)、明海の同僚・弥生(古畑星夏)、あかねの同僚・正枝(片山)の姿がお披露目された。また、杉野ふんする明海の旧友・孝之がビリヤードに興じている爽やかな姿も見ることができる。

金井浩人と池脇千鶴/映画『きらきら眼鏡』ポスタービジュアル - (C) 森沢明夫/双葉社(C) 2018「きらきら眼鏡」製作委員会

 作品の本ビジュアルは、青空のもと千葉県船橋の街並みのなかで明海とあかねが並んで写る爽やかな印象の1枚。いつも笑顔を絶やさないあかねの明るいキャラクターが伝わってくる。そのビジュアルが用いられたポスターでは、2人の間に「自分の人生を愛せないと嘆くなら、愛せるように自分が生きるしかない」というコピーが添えられており、作品の世界観が反映された前向きな印象に仕上がっている。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]