シネマトゥデイ

ヒュー・ジャックマン、ホテルでのオーディションは二度と行われるべきでない

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画界が良い方向に変わりますように - ヒュー・ジャックマン - Target Presse Agentur Gmbh / Getty Images

 ヒュー・ジャックマンは、セクハラや男女差別撲滅を訴える「#MeToo」運動が映画界の在り方を変えてくれることを願っているそうだ。

【場面写真】歌もダンスも最高!ヒュー主演『グレイテスト・ショーマン』

 オーストラリアのGQ誌に対しヒューは「第三者抜きでのオーディションは金輪際行われるべきでないし、ホテルの部屋でのミーティングも行われるべきでない。ホテルの部屋と言いつつも、実質的にはベッドルームだろう? だったら何故そんなところでミーティングを行う必要がある? こうした運動は映画界に根本的な変化をもたらす、そんな希望が持てると思う」と語った。

[PR]

 現在のところ、性的暴行を受けたことがあると告白した人のほとんどが女性だが、ジェシカ・チャステインは男性も「#MeToo」や「Time's Up」キャンペーンのような運動を始めるべきだと考えているという。

 最近行われたインタビューでジェシカは「私たちを取り巻く環境のせいで男性もたくさん苦しんでいると思う。世界的に女性より男性の自殺率の方が多いのに、誰もこの話をしない。これは“男性は弱みや本音を吐き出さず、強くなくてはならない”というような私たちの性の在り方に対する考え方から来ている。もちろん、男性として野望を持っていていいし好きな姿でいるべきだけど、自分の本心も十分に扱えるようにならないといけない。それが私が心から望んでいることだし、私が人生で出会ってきた男性は自分の感情を隠さず表に出す人たちばかり」と語った。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]