岩田剛典&白濱亜嵐らLDHのイケメンが集結!『ウタモノガタリ』の撮影振り返る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
オープニングセレモニーに登場した岩田剛典

 今年で20周年を迎える「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018」のオープニングセレモニーが4日に都内で行われた。フェスティバルナビゲーターを務める山下健二郎岩田剛典(ともに三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、白濱亜嵐GENERATIONS from EXILE TRIBE)、青柳翔劇団EXILE)、そして EXILE HIRO が来場し、オープニングを華やかに彩った。

岩田剛典らレッドカーペット登場!オープニングセレモニー【写真多数】

 米国アカデミー賞公認でアジア最大級の国際短編映画祭となる同映画祭。20周年という節目となる今年は、世界130以上の国と地域から集まった1万本を超える作品から、選りすぐりの約250作品が一挙に上映される。フェスティバルナビゲーターには三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが就任し、今後も映画祭を盛り上げる予定だ。また、LDHグループのメンバーが主演を務める、詩と音楽、映像を融合したプロジェクト「-CINEMA FIGHTERS project-」シリーズの第2弾で、6作の短編で構成される映画『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』が映画祭でプレミア上映される。

[PR]

 山下は『ウタモノガタリ』の撮影を振り返り、「ショートフィルムには初めて参加しましたが、短い映画の中でメッセージを伝えることを大事にしました。監督とも話しながら作ることができたので、役者としても成長することができました」と満足げな表情を浮かべた。

 安藤桃子監督の「アエイオウ」に出演した白濱は、安藤監督の父親である俳優の奥田瑛二とも共演を果たしたが、「(監督が住む)高知で約1週間、オールロケで撮影させていただきました。現場では(監督の母である)安藤和津さんもいらっしゃって、終始、安藤家に囲まれた撮影でした。夜も一緒に食事に行かせてもらったりして、すごく交流を深めることができましたね」と貴重な経験を明かした。

 また、石井裕也監督の「ファンキー」に主演した岩田は「石井監督が脚本も書かれていて、その世界観の中で思い切り演技をしました。撮影中、監督はずっと“ファンキー”というワードをおっしゃっていて、『そのポーズはファンキーなの?』とか、判断基準がファンキーかどうかということでした。刺激的な撮影でしたね」と振り返った。

 オープニングセレモニーには柄本時生桜井ユキ金井勇太落合モトキ中村ゆり西田尚美川原和久コシノジュンコ坂本美雨関口宏東儀秀樹LiLiCoら大勢の豪華ゲストが来場した。(取材・文:壬生智裕)

「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018」は6月24日まで、都内計8会場にて上映予定(開催期間は各会場によって異なる)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]