アンパンマン30周年に戸田恵子が感謝「100年続く作品」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
アンパンマンと一緒に! アンジャッシュ(児嶋一哉・渡部建)、杏、戸田恵子、中尾隆聖、ドリーミング

 10日、映画『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』の完成披露試写会がユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、アンパンマンの声を担当する戸田恵子が、30作目の劇場版となった新作について語った。この日は、レギュラー声優の中尾隆聖、ゲスト声優のアンジャッシュ渡部建児嶋一哉)、主題歌を担当するドリーミングも出席した。

【画像】キャスト陣が30年前の写真を披露!

 本作は、テレビ放送開始の翌年となる1989年に1作目が公開された、映画「アンパンマン」の30作目となる新作。劇場版シリーズの30周年記念作品でもあり、アンパンマンの声を担当する戸田は「皆さんのおかげで30周年、30本目の映画を作ることができました。ステキな映画ができました。期待してください」と晴れやかな表情を見せた。

[PR]

 ゲスト声優の杏は、アンパンマンと共に、いのちの星の故郷を救うために奮闘するキャラクター・クルンの声を担当。「節目の作品でもあり、こんな大きな役をいただいて本当に光栄です。画面の中にわたしのキャラクターがいて、感激しました」と続ける。

 そんな杏とは旧知の仲で「しょっちゅうお会いしています。というか、子供たちに会いに行くようなものですね」という戸田は、「身内意識があるから、母のような気持ちでドキドキしながら完成品を観ていましたけど、クルンちゃんが杏ちゃんに見えてきて。自然なクルンちゃんになっていて感動しました」と晴れやかな笑顔を見せた。

 またこの日は、30周年にちなみ、登壇者たちが30年前の写真を披露。杏が「ちょっと泣き虫で静かめな子供だったようです。およそ30年前なので『アンパンマン』はリアルタイムで見ていたと思います」と子供のころの自分の写真を紹介すると、戸田は「誰かに似ているなと思ったら、杏ちゃんの子供だ! そっくり! 髪の感じとか」と感激した様子だった。

 その後はドリーミングも加わり、会場全体で「アンパンマンのマーチ」を大合唱。舞台あいさつ終盤では、まず杏が会場の父母たちに向け「同世代の方も多いのかなと思いました。子供たちも(上映が)まだかと待ちわびているかと思いますが、楽しんで過ごしてください」とあいさつ。渡部も「みんなが当たり前に思っている秘密がどんどん解かれます。それからマーチ(の歌詞)になっている、なんのために生まれて、なにをして生きるのか。誰もが知っている、やなせたかし先生の思いこそがこの映画の原点になっているので、ぜひお楽しみください」と続けた。

 その言葉に戸田は「本当にすばらしい。渡部君をいつも連れて歩きたい」と満足げな表情を見せつつも、「おかげさまでアンパンマンは30周年を迎えましたが、番組・映画は100年続く作品だと思います。今回は原点回帰で素晴らしい作品になっています。楽しんでください」と会場に呼びかけた。(取材・文:壬生智裕)

映画『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』は6月30日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]