「銀河鉄道999」初実写ドラマ放送直前 栗山千明「腹くくるしかない」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
松本零士が「美しい」と絶賛したメーテル役の栗山千明

 18日20時より、名作漫画・アニメ「銀河鉄道999」が初の実写ドラマとしてBSスカパー!で生放送される。本放送に先立ち、18日午後、メーテル役の栗山千明、星野鉄郎役の前田旺志郎をはじめキャスト全員が劇中の衣装に身を包み、異例の「放送直前会見」に登壇。本番への意気込みを語った。会見には原作者の松本零士もゲストとして出席し、メーテル姿の栗山に「とても美しくてうれしいです。わたしも夢を見ているみたい」と期待を語った。

【写真】「銀河鉄道999」実写ドラマキャスト集合!

 原作の連載開始から今年で40周年となる「銀河鉄道999」初の実写化に加え、生の演技をライブ放送する「生ドラマ」という形態も見どころの本作。栗山は「生ドラマは初めての経験で、ごはんも喉を通らないほど緊張しています」「あと数時間で(本番が)始まっていると思うと、腹をくくるしかない。いいものを観ていただけるよう精一杯、務めます」と緊張の面持ち。

[PR]

左から宇梶、染谷、前田、松本、栗山、凰稀、橋本

 これを聞いた松本は「今もわたしは『999』に乗って旅をしている心境でして、九州の小倉から片道切符で上京してから、まだ目的地についていないという思いで、漫画という世界のレールの上を走り続けています。鉄郎の心境は、わたし自身の心境を書いているんです」と鉄郎に自身を重ねた。

 さらに松本は、「(『999』のさらに先を)今また書き始めております」と新作に言及。「トチローと鉄郎は先祖と子孫の関係で、以前描いた『男おいどん』は、さらに先祖になります。エメラルダスとメーテルもそうですが、わたしは登場人物を一つの物語として描いているわけです。これを全部一緒に描くと、わたしが死にそうになるんですが、でもくたばる前にきちんと描く予定でおります」と決意を新たにした。

「銀河鉄道999」新作について話した原作者の松本零士

 続けて、「わたしは残り時間が少なくなっているけれど、とにかく終着駅まで行くぞと、まだ走る予定でいるわけです。若いみなさんは、限りある命だからこそ、終着駅で必ず夢はかなうんだと信じて、歯を食いしばってがんばってください。可能性は無限大にあるんです」と今年80歳とは思えぬバイタリティーで、力強いエールを送った。

[PR]

 前田も「先生の熱い思いを自分に取り込んで、生ドラマに生かしたい。鉄郎の、後先を考えずに、自分のやりたいことをやろうとする強い気持ちをメッセージとして伝えたいと思います」と意気込みを語った。

 「銀河鉄道999」は、裕福な人々が魂を機械の体に移して永遠の命を得る未来の格差社会を舞台に、機械の体を手に入れようとする貧しい少年・鉄郎と謎の美女メーテルの旅を描く物語。クイーン・エメラルダス役に凰稀かなめ、機械伯爵役に染谷俊之、大山トチロー役に橋本じゅん、アンタレス役に宇梶剛士がふんする。(取材・文:岸田智)

「銀河鉄道 999 Galaxy Live Drama」は6月18日20時~、BSスカパー!にて生放送※7月29日19時~再放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]