シネマトゥデイ

HYDE、いしわたり淳治ら14組『音量を上げろタコ!』主題歌&挿入歌に参加

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
HYDE、いしわたり淳治、あいみょんら豪華な顔ぶれ!

 阿部サダヲ吉岡里帆共演のロック・コメディー映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(10月12日公開)の主題歌、挿入歌を担当する14組のアーティストが20日、発表された。

【写真】14組のアーティストたち

 テレビドラマ「時効警察」シリーズや映画『インスタント沼』『俺俺』などトリッキーな話題作&ヒット作を生んできた三木聡監督がメガホンを取り、長年の「声帯ドーピング」により喉崩壊寸前の世界的ロックスター・シン(阿部)と、声が異常に小さいストリートミュージシャン・ふうか(吉岡)の交流を描く本作。

[PR]

 2つの主題歌のうちシンが歌う「人類滅亡の歓び」を作曲したのは、L'Arc~en~Ciel やソロとして活動するカリスマ、HYDE。楽曲提供について「監督のイメージを具現化していったら恐ろしい曲になりました(笑)。シンとの共通項も多く、時期的にもお互いパクったわけではないのですが、シンと僕のアー写がそっくりだったので驚きました。僕はドーピングしてませんよ!」とコメント。

 また同曲の作詞を、元SUPERCARのギタリストで、作詞家・音楽プロデューサー・作家のいしわたり淳治が手掛け、バックバンド「EX MACHiNA」として、PABLOKenKenFUZZY CONTROLSATOKOが参加している。

 一方、ふうかの歌う主題歌「体の芯からまだ燃えているんだ」の作詞・作曲を新星シンガーソングライター・あいみょん、アレンジ・演奏を THIS IS JAPAN が担当。

 挿入歌に、俳優の高橋一生の弟としても知られる never young beach安部勇磨、チャットモンチーの橋本絵莉子、グループ魂のギター“遅刻”こと富澤タクニューロティカKATARUNABO清水麻八子八十八ヶ所巡礼らが名を連ねる。(編集部・石井百合子)

アーティスト一覧は以下の通り。

HYDE/「人類滅亡の歓び」作曲
いしわたり淳治(作詞家・音楽プロデューサー・作家)/「人類滅亡の歓び」作詞
あいみょん/「体の芯からまだ燃えているんだ」作詞・作曲
PABLO/「人類滅亡の歓び」アレンジ・ギター演奏・出演
KenKen/「人類滅亡の歓び」ベース演奏・出演
SATOKO(FUZZY CONTROL)/「人類滅亡の歓び」ドラム演奏・出演
THIS IS JAPAN/「体の芯からまだ燃えているんだ」アレンジ・演奏
安部勇磨(never young beach)/「夏風邪が治らなくて」作詞・作曲
never young beach/「夏風邪が治らなくて」アレンジ・演奏
橋本絵莉子/「まだ死にたくない」「ゆめのな」作詞・作曲
富澤タク(グループ魂/Number the.)/「遊ぶ金欲しさの犯行」作詞・作曲・ギター演奏・出演
KATARU(ニューロティカ)/「遊ぶ金欲しさの犯行」ベース演奏・出演
NABO(ニューロティカ)/「遊ぶ金欲しさの犯行」ドラム演奏・出演
清水麻八子/「肩噛むな!」ボーカル・出演
八十八ヶ所巡礼/「肩噛むな!」作曲・演奏・出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]