真木よう子、大泉洋のプロっぷりを賞賛『焼肉ドラゴン』初日あいさつで

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『焼肉ドラゴン』のキャスト陣

 女優の真木よう子が22日、都内で行われた映画『焼肉ドラゴン』(公開中)の初日舞台あいさつに登壇し、大泉洋の撮影時の役者ぶりに「プロですよね」と舌を巻いた。イベントには、井上真央桜庭ななみ大谷亮平大江晋平鄭義信監督も登場した。

【写真】イベントの様子

 大泉演じる幼馴染みの哲男に想いを寄せながらも、その気持ちを秘めたまま家族を支える女性・静花という役どころを担った真木は「今までの役とは少し違い、わりと感情を抑えるシーンが多く、辛いシーンもあった」と撮影を振り返りつつ、「現場では家族(役のキャスト)と仲良くしていたので楽しく、(撮影をしていた)1年前をこの前のように覚えているくらい濃厚な時間でした」と笑顔を見せた。

[PR]

 一方の大泉も「あまりやったことのない役だったから怖かったけどやらせてもらいましたが、監督に見事に引き出してもらいました」と胸を張る。思わず泣いてしまったという本作の出来に、「監督は映画でも『焼肉ドラゴン』を描き切られたんじゃないかと思いました。ホッとしました」と安堵の表情をのぞかせていた。

 そんな大泉に対して「哲男がぴったりだった」と舌を巻く真木。最初は大泉と哲男という役柄の間にギャップを感じていたそうだが、撮影に入ると大泉は見事に役にはまっていて、真木は「プロですよね」と感心すると、「哲男は大泉さんしかいなかったな……と思えたので、やっていてありがたかったし、現場でも温かな目で見守ってくれる存在だったので甘えさせていただきました」と感謝。すると大泉は親指を立てたグッドポーズで喜んだ。

 この日は出演者の1人である韓国の俳優キム・サンホからサプライズで手紙も届けられた。その中で「監督をはじめ立派な共演者さんたちに囲まれて、恵まれて、いろんな意味で大事な体験だったと思っています」などと語られると、真木は「キム・サンホさんからそんないい言葉を聞いたのは初めての気がする。ちょっと泣きそうになった」と目を潤ませていた。

 本作は数々の演劇賞を総なめにした鄭義信作・演出の同名舞台の映画化。昭和45年、万博で盛り上がる大阪を舞台に、小さな焼肉店を営む家族が、たくましく生きる姿を笑いと涙を交えて描かれている。(取材:錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]