劇場版『夏目友人帳』予告編が公開!高良健吾らがゲスト声優

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』ビジュアル - (C) 緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト

 人気テレビアニメ「夏目友人帳」を映画化した『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』の予告編が公開された。アニメ版のレギュラーキャストに加えて、高良健吾島本須美村瀬歩がゲスト声優として参加することも明らかになった。

【動画】『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』本予告

 本作は、緑川ゆきの人気コミックをアニメ化した「夏目友人帳」シリーズ初の劇場版作品。妖怪を見ることができる高校生の夏目貴志が、自称用心棒のニャンコ先生の助けを借りながら妖怪たちに名前を返していく物語が描かれる。予告編は、夏目の声を担当した神谷浩史のナレーションで始まり、ニャンコ先生(井上和彦)や笹田純(沢城みゆき)など、アニメ版でもおなじみの面々が紹介されていく。ニャンコ先生が3匹に分裂した「3(トリプル)ニャンコ先生」のキュートな姿も見ることができる。

[PR]

 そしてレギュラー声優陣に加えて、高良、島本、村瀬といった劇場版オリジナルの声優陣が担当するキャラクターたちも登場。ひょんなことから夏目と知り合う青年・津村椋雄に高良、椋雄の母親・容莉枝に島本、そして夏目の小学校時代の旧友・結城大輔に村瀬が声を吹き込んだ。もともと「夏目友人帳」のファンだったという高良は「声優の経験はあまりないのですが、不思議な魅力を持った青年・椋雄を僕なりに精一杯演じました。心温まる素敵な作品です」とコメントを寄せている。

 2003年に連載が開始された「夏目友人帳」は、2008年にテレビアニメがスタート。第6シリーズまで制作され、今年でアニメ化10周年を迎える。今回の劇場版では、原作者である緑川の監修で完全新作エピソードが展開され、シリーズに携ってきた大森貴弘が総監督、伊藤秀樹が監督を務める。主題歌は、過去にテレビドラマ「コウノドリ」第2シリーズの楽曲などを担当したUruの「remember」。(編集部・大内啓輔)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]