シネマトゥデイ

菅田将暉主演で『アルキメデスの大戦』映画化!監督は山崎貴

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
菅田将暉×山崎貴 - (C) 2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 (C) 三田紀房/講談社

 俳優の菅田将暉主演で、「ドラゴン桜」「インベスターZ」などで知られる三田紀房原作の人気コミック「アルキメデスの大戦」(講談社・ヤングマガジン)が実写映画化されることが決定した。監督は、『永遠の0』『海賊とよばれた男』など数々のヒット作を世に送り出してきた山崎貴。公開は、2019年の夏予定。

【写真】三田紀房原作の「アルキメデスの大戦」

 本作は、第二次世界大戦前の日本を舞台に、戦艦「大和」の建造を巡る頭脳戦を描く。1930年代、大日本帝国海軍の司令部は、世界最大級の戦艦「大和」を造ることで日本の国威を世界に示す計画を立てていた。この計画に反対を唱える海軍少将・山本五十六は、アルキメデスの再来と呼ばれる天才数学者・櫂直(かいただし)を海軍に引き入れる。「大和」建造費の見積もり額の矛盾を発見し、軍部の陰謀を暴こうとする主人公・櫂を菅田が演じる。

[PR]

 同作で天才数学者・櫂にふんする菅田は、意気込みを以下のように語っている。「誰もが知っている戦艦『大和』から見えてくる日本人の性と数学から浮き出てくる果てしない愚かさに、僕はロマンを感じました。そのスケールは非常に映画らしく、そして夢と現実に生きる僕ら現代人に突き刺さる題材だと思います。今やらなければならない作品だと思いました。使命感を持って臨んでいきます。そんな緊張感の中、現場では山崎監督のニンマリ企み顔が毎日癒しです」

 監督の山崎は、原作との出会いについて、「抜群に胸が高鳴るプロットを擁(よう)した原作『アルキメデスの大戦』にであったとき『これぞ映画だ!』と興奮したのを覚えています」とコメント。原作者の三田は、「映画化決定はとても嬉しく思うとともに、本作を選んでいただき誠に感謝いたします」と喜び、主演の菅田については、「主人公・櫂直のイメージそのもので、若き天才数字者がぴったりだと思いました」と語っている。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]