『銀魂2』菅田将暉、小栗旬&橋本環奈との“万事屋”仲良しのワケ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
『銀魂2』志村新八を演じた菅田将暉 - (C) 空知英秋/集英社 (C) 2018 映画「銀魂2」製作委員会

 空知英秋による人気漫画を実写化した映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(公開中)で前作から引き続き、志村新八にふんした菅田将暉。劇中では坂田銀時役の小栗旬、神楽役の橋本環奈と共に“万事屋トリオ”として息の合ったやり取りを見せている。菅田が、本作で念願だったという万事屋のギャグパートや、“共同生活感”さえあったという3人の関係性について語った。

『銀魂2』場面写真&キャラビジュアル一覧<全23枚>

 新八は、かぶき町で何でも屋さん「万事屋銀ちゃん」を営む主人公・銀時のもとで働く青年。戦闘種族・夜兎(やと)族の少女・神楽も含めた3人を中心に、ストーリーが展開していく。昨夏に公開されて大ヒットした前作の続編。新八という役にはすんなりと入っていけたという。

[PR]

菅田が演じる新八 - (C) 空知英秋/集英社 (C) 2018 映画「銀魂2」製作委員会

 「やっぱりしっくり来るんです。特に今回の撮影では、最初はずっと真選組の格好をしていたのですが、それが何か落ち着かなくて。それぞれ本来の衣装になった時にすごく落ち着きました。普段の小栗さんと環奈ちゃんとの感じも、銀ちゃん、新八、神楽っぽいというか、“共同生活感”がありました」

 本作では、原作でも人気の真選組動乱篇と将軍接待篇を融合した物語が描かれる。ギャグパートとシリアスパートの温度差は前作以上。菅田にとって念願だったという万事屋3人がそろうギャグパートも多い。「そこは体力がいりましたね。常にフルスロットルで、毎日疲れました(笑)。基本的に台本通り、漫画通りなのでムチャぶりとかはありませんでしたが、それを忠実にやっていくということが、実写だとパワーがいりました」としみじみと語る。

 新八は、素朴でまじめな印象を裏切るテンションの高いツッコミでおなじみ。今作では、新八の特徴であるキレキレのツッコミが冒頭からさく裂する。「1作目はシリアスなシーンが多かったので、意外とツッコミがなかったんです。だから、今回やっと新八らしいものができたかなって思っています。『銀さんんんんん!!!』みたいなのが(笑)」と充実の表情を浮かべた。

[PR]
万事屋トリオ - (C) 空知英秋/集英社 (C) 2018 映画「銀魂2」製作委員会

 改めて、そんな新八の第一印象を問うと、映画出演前から原作やアニメ版を楽しんでいた菅田は「えー! 覚えていないですね」と笑いつつ、「新八ですね。新八は新八です(笑)」との答え。しかしながら、アニメ版で新八の声優を務めた阪口大助の声のイメージは強かったという。実際に顔を合わせても「“新八感”が半端なかった」という阪口からは、『2』の撮影前に福田雄一監督を通じて動画メッセージを受け取ったという。

 「『のど気をつけてね~!』っていう、普通のコメントをいただきました(笑)。それを見た時に、『あっそっか。この人も人間なんだよな』と思いました。ケアしながらやってるんだという、そのリアリティーみたいなものはすごく刺激的でした」。阪口からの助言はまさしくその通りで、『銀魂2』の撮影現場は「一発で声がかれる」状況だったそう。「新八も含めこの現場、基本的に大声しか出してないので(笑)」。

[PR]
「基本的に大声しか出してない」 - (C) 空知英秋/集英社 (C) 2018 映画「銀魂2」製作委員会

 前半はそんなギャグパートが怒涛のように続く。撮影に向けて、菅田なりの注意点は「よく寝る」こと。「ちゃんと寝て、明日やるぞ!」という意気込みで臨んでいたが、実際には「毎晩小栗さんに部屋に誘われるので、寝られなかったですね(笑)」と振り返る。小栗とは、作品に関することから映画のことや役者のこと、くだらないことまで話をするのだとか。

 橋本も含めた3人の、撮影の合間にも笑顔が絶えない仲良しぶりは、すでにファンの間でも話題だ。小栗が「家族のよう」とさえ表現する関係性を築けた訳は、にぎやかな『銀魂』という作品、そして小栗の人柄にあるという。まさに銀時の役柄と重なるように、小栗の周囲には人が集まるイメージがある。菅田にその理由を問うと、「人といるのが本当に好きな方。常に誰かといたり、何かをしているからじゃないすかね。誰よりも真面目ですし、誰にでも素直な方で、変なてらいがない。あと、小栗さん自身がもうバーンと全部を開いて接してくださるから、こちらもみんなバーンとなっちゃうんです」とリスペクトをのぞかせながら語った。

[PR]

 『銀魂』は、個性的かつ魅力的なキャラクターぞろい。最後に、自身が演じた新八以外で、惹かれるキャラクターを尋ねると、近藤勲を選んだ菅田。近藤は、銀時らが暮らす江戸の治安を守る警察組織・真選組の局長。「近藤さんはかっこいいですよ。今回の映画を観ていただけたらわかると思いますが、愛らしさと、泥臭さがあって、銀ちゃんと似てるところがあるんです。基本的にはバカなんです。だけどかっこいいなあと思える“情”みたいな部分はちゃんと前に出てきている。その感じがすごく好きです」。(編集部・小山美咲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]