シネマトゥデイ

銀魂の完結発表に衝撃…「泣きそう」ファンの声続々

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ついに完結へ…

 空知英秋の人気漫画「銀魂」が、9月15日発売の「週刊少年ジャンプ」42号(集英社)で最終回を迎えることが発表され、ファンの間に衝撃が走った。インターネット上では「泣きそう」と反響を呼んでいる。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』メイキング映像

 2003年に連載を開始した「銀魂」は、コミックスの累計発行部数5,500万部を超える人気漫画。テレビアニメ化、実写映画化もされ、大ヒットを記録している。そんな同作の完結が発表され、ネット上には「まじで寂しい」「終わる終わる詐欺だったらいいのに」「本当にありがとう」「お疲れ様でした」と完結を惜しむファンの声が続々とあがっている。

[PR]

 また、実写映画版で監督を務めた福田雄一も「ウソだろ。マジで聞いてなかったんですけど。また、詐欺であることを祈るしかない」とTwitterで反応するなど、完結発表に衝撃を受けた様子。続けて、「なんか、ファンの皆さんのリプ読んでたらマジで涙出てきた。今から稽古しなきゃいけねえのに、リアルに涙が出てきやがった」とツイートしている。

 その福田監督がメガホンを取り、小栗旬が主演を務めた映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』は現在公開中。原作の「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合させたハイブリッドな内容となっており、興行通信社が発表した土日2日間(8月18日~8月19日)の全国映画動員ランキングで1位を獲得する好スタートを切っている。(編集部・吉田唯)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]