松田龍平、撮影中にアドリブ合戦を満喫!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
監督が追加するアドリブを共演者と楽しんだと話す松田龍平

 俳優の松田龍平が27日、都内で行われた映画『泣き虫しょったんの奇跡』公開直前イベントに登壇し、撮影時に楽しんだ“アドリブ合戦”を振り返った。イベントには、永山絢斗渋川清彦駒木根隆介新井浩文早乙女太一豊田利晃監督、瀬川晶司五段(原作)、佐藤天彦名人も登場した。

【フォトギャラリー】サプライズ登場のひふみん、松田龍平に青いバラをプレゼント!

 本作は、瀬川の自伝的小説が原作。「26歳の誕生日を迎えるまでに四段昇格できないものは退会」という新進棋士奨励会の規定により挫折を味わった“しょったん”こと瀬川(松田)が、再び夢に向かい、奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げる姿を描く。

[PR]

 劇中には、しょったんが、永山・駒木根の演じる仲間たちや渋川演じる先輩とすごすアパートのシーンが登場するといい、MCを担当した安東弘樹フリーアナウンサーは「どこまでがアドリブなんだろう?」と考えるほど楽し気だったと述懐。このシーンを振り返った松田は、「しょったんが将棋を唯一忘れられる時間で、僕も普通に楽しんじゃいました」と笑みを浮かべる。

 また「監督がたまに台本にない台詞をこっそり足して、本番でいきなり誰かが言ってくるみたいな。それをアドリブでリアクションするみたいな。それが楽しかった」と回顧すると、渋川も「ガチで笑ってしまって上手くいかなかった」と松田同様に、撮影を楽しんでいたことを明かした。

 この日は、「ひふみん」の愛称で親しまれる加藤一二三九段もサプライズ登場。松田に本作のテーマである「夢を叶える」を花言葉に持つ青いバラの花束を贈呈し、「素晴らしい映画で感動いたしました」とコメント。松田も「将棋愛にあふれた格好いい映画になったと思います」と自信をのぞかせ、「温かい気持ちになって帰ってもらえたらうれしいです」と観客に呼び掛けていた。(取材:錦怜那)

映画『泣き虫しょったんの奇跡』は9月7日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]