『キングスマン』原作者、堺正章を語り出す

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
マーク・ミラーと堺正章 - Adam Gasson / SFX Magazine via Getty Images(左)

 映画『キングスマン』や『キック・アス』シリーズの原作者として知られるマーク・ミラーが、堺正章についてTwitterで突然語り始めた。

ミラーが原作!映画『キングスマン』フォトギャラリー

 ミラーは「『西遊記』で孫悟空を演じたマサアキ・クリハラは今も健在で、元気で、演技をしていて、カーレースにも参戦していて、72歳だが今も自分のバンドで歌っている」と写真付きで堺の近況を報告。海外の「西遊記」ファンたちは堺が今も元気に活躍していることに驚いたようで、「健在だと聞いて最高にうれしい。『西遊記』は僕の子供時代の大部分を占めていて、今もDVDで観ている」「大好きな番組だった」「ここしばらくで聞いた中で最高のニュース」「モンキー・マジック!」「レジェンドだ」など歓喜の声が上がった。

[PR]

 また「彼の名前はマサアキ・サカイでは?」という指摘には、「それは彼の芸名だ」とツウなところを見せたミラー。Netflixのミラーワールド部門の代表でもあるミラー(Netflixは昨年、ミラーのエンタメ企業ミラーワールド社を買収した)は「彼にNetflixの何かに出てもらってよ」という声に「それすごくいいアイデア!」と応じている。

 堺が孫悟空役で1970年代後半に主演したテレビドラマ「西遊記」はイギリス、オーストラリア、ニュージーランドをはじめとした海外でもカルト的な人気を誇っており、「あの人は今」的な特集を組まれることもあるほど。今年1月にもNetflixがオーストラリアやニュージーランドのテレビ局と組んで制作したリメイク版(「孫悟空の遊勇伝」)が放送されている。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]