『銀魂2』岡田将生ふんする桂の“映画泥棒”パロ公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
カメラ男じゃない、桂だ - (C) 「映画館に行こう!」実行委員会 (C) 空知英秋/集英社 (C) 2018 映画「銀魂2」製作委員会

 公開中の映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』より、岡田将生演じる攘夷志士・桂小太郎が大胆にも“映画泥棒”のパロディーに挑んだ姿をとらえた場面写真が公開された。

【写真】『銀魂2』場面写真&キャラビジュアル一覧

 週刊少年ジャンプで連載中の空知英秋の人気漫画を実写化した本作。昨年公開された実写映画1作目と同様に、さまざまなパロディーシーンが満載。観客が思わず「これ大丈夫?」と口に出してしまいそうなほどギリギリを攻めた場面も、『銀魂』ならではの見どころとなっている。

[PR]

 新たに公開された場面写真では、桂が誰でも一度は目にしたことがあるであろう「No More 映画泥棒」でおなじみのカメラ男と思しき姿に……。桂の相棒である謎の宇宙生物・エリザベスは唐草模様の風呂敷を巻き、桂の背後で「やめとけ」とツッコミのようなプラカードを手にしている。

 同作は、宇宙から来た天人(あまんと)に支配された江戸を舞台に、侍・坂田銀時と仲間たちの周囲で起こる騒動を描く。主演の小栗旬ほか、菅田将暉橋本環奈柳楽優弥三浦春馬窪田正孝吉沢亮中村勘九郎堂本剛ら豪華キャストがそろった。(編集部・小山美咲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]