土屋太鳳×芳根京子W主演『累』ほか注目作7選!

今週公開の映画

土屋太鳳×芳根京子の体当たりの熱演に注目 - (C) 2018映画「累」製作委員会 (C) 松浦だるま/講談社

 土屋太鳳芳根京子のNHK朝ドラ美女コンビが繰り広げる衝撃の愛憎劇や、ジェイソン・ステイサムが23メートルの巨大ザメに挑むパニックアクションなど、今週公開の注目作を紹介する。(編集部・大内啓輔)

夢への再挑戦を描く感動の実話

泣き虫しょったんの奇跡』9月7日公開

(C) 2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 (C) 瀬川晶司/講談社

 異色の脱サラ棋士・瀬川晶司の自伝的小説を基にした感動の物語。幼少期より将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川が、親友や家族などに支えられ、一度は挫折しながらも再び夢に挑む姿を描く。しょったん役を松田龍平、そのライバルで親友役をミュージシャンの野田洋次郎が務めるほか、永山絢斗染谷将太妻夫木聡松たか子ら豪華キャストが集結した。監督は、自身もプロ棋士を目指していたという豊田利晃

[PR]

初めての一人旅に涙…ダコタ・ファニング主演のハートフルな物語

500ページの夢の束』9月7日公開

(C) 2016 PSB Film LLC

 家族と離れて施設で暮らし、大好きな「スター・トレック」のオリジナル脚本を書いて過ごしている自閉症の少女が主人公のヒューマンドラマ。コンテストのために500ページの脚本を書き上げたウェンディは、愛犬と一緒にハリウッドを目指す旅に出る。映画『I am Sam アイ・アム・サム』などのダコタ・ファニングを主演に迎え、トニ・コレットアリス・イヴらが共演。『セッションズ』などのベン・リューインが監督を務めた。

土屋太鳳&芳根京子によるダークシンデレラストーリー

累 -かさね-』9月7日公開

(C) 2018映画「累」製作委員会 (C) 松浦だるま/講談社

 NHK連続テレビ小説「まれ」と「べっぴんさん」でそれぞれヒロインを演じた土屋太鳳と芳根京子が主演を果たした同名人気コミックの実写映画化。キスした相手と顔が入れ替わる不思議な口紅に導かれ、醜い累(芳根)と美しいニナ(土屋)は反発しあいながらも、それぞれの欲望と嫉妬心を次第に抑えられなくなっていく。一人二役、二人一役で役柄を演じた土屋と芳根の体当たりの熱演を見ることができる。

[PR]

ジェイソン・ステイサム×最恐の巨大ザメ!

MEG ザ・モンスター』9月7日公開

(C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., GRAVITY PICTURES FILM PRODUCTION COMPANY, AND APELLES ENTERTAINMENT, INC.

 絶滅した巨大ザメがよみがえり、人々を恐怖に陥れる海洋パニックアクション。人類未踏の深海に挑む海洋探査チームが発見した全長23メートル、体重20トン、25センチの歯を持つサメに、ジェイソン・ステイサムふんする深海レスキューダイバーたちが立ち向かっていく。ジェイソンのほかにリー・ビンビンレイン・ウィルソンルビー・ローズマシ・オカら国際色豊かなキャストが揃った。メガホンを取ったのは、映画『魔法使いの弟子』『ラスト・ベガス』のジョン・タートルトーブ

『ブリジット・ジョーンズの日記』の名プロデューサーが送る、家族の奇跡の物語

ブレス しあわせの呼吸』9月7日公開

(C) 2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved

 首から下が麻痺して、28歳で余命宣告を受けた夫とその妻、そして彼らを支える人々の絆を笑いと涙を交えて描く物語。『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズなどのプロデューサーであるジョナサン・カヴェンディッシュが両親の実話を映像化し、『アメイジング・スパイダーマン』シリーズで主人公を演じたアンドリュー・ガーフィールド、ドラマ「ザ・クラウン」でエリザベス2世を演じたクレア・フォイらが出演。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラム役で知られるアンディ・サーキスが監督デビューを果たした。

[PR]

韓国民主化闘争の全貌に迫る社会派ドラマ

1987、ある闘いの真実』9月8日公開

(C) 2017 CJ E&M CORPORATION, WOOJEUNG FILM ALL RIGHTS RESERVED

 翌年にオリンピック開催を控える韓国で吹き荒れた民主化闘争に迫る社会派ドラマ。警察の取り調べを受けた大学生の死をきっかけに、国民が立ち上がった韓国の激動が描かれる。『チェイサー』などのキム・ユンソクをはじめ、ハ・ジョンウソル・ギョングカン・ドンウォンらが出演。『ファイ 悪魔に育てられた少年』などのチャン・ジュナンが監督を務める。

知られざる歴史の真実が明かされる、緊迫の脱出劇

ヒトラーと戦った22日間』9月8日公開

(C) Cinema Production

 第2次世界大戦下、アウシュビッツと並ぶ収容所ソビボルで実際に起きた武装蜂起を描いた脱出劇。1943年10月14日、何百人もの収容者たちが、大規模な脱走計画に挑む様子がスリリングに描かれる。『ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR』などに出演しているロシアを代表する俳優コンスタンチン・ハベンスキーが監督と主演を務め、『ハイランダー』シリーズなどのクリストファー・ランバート、『ゆれる人魚』などのミハリーナ・オルシャンスカらが共演を果たした。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]