木村拓哉、PS4新作ゲームで主役キャラに!「龍が如く」シリーズ監督とタッグ

ゲーム内と同じ衣装で登壇した木村拓哉

 木村拓哉が10日、都内で行われたPS4向け最新ゲーム「JUDGE EYES:死神の遺言」の完成披露会に出席。木村は「龍が如く」シリーズでお馴染みの名越稔洋総合監督(セガゲームス取締役CPO)と初タッグを組み、CGキャラクターとして出演、声優を担当する。ゲーム内と同じ格好で登場した木村は、アフレコの作業などを振り返り「初めてのことばかり。驚くばかりでした」と感想を述べた。

【フォトギャラリー】木村拓哉がゲームのキャラクターに!「JUDGE EYES:死神の遺言」場面写真

 本作は、現代の東京を舞台に、連続猟奇殺人を追うリーガルサスペンス。探偵事務所を営む元弁護士の八神隆之(木村)が連続猟奇殺人事件の証拠集めを依頼されたことをきっかけに、事件の渦中へと巻き込まれていく。

[PR]

 本ゲームの感想を問われた木村は、「ゲームのキャラクターに自分を寄せることを初めてしてみたんですけど、非常にドキドキしました。監督にはここまで寄せていただいてありがとうございますと言っていただいたので、ホッとしています」と回顧。実際にゲームになった自分を見た感想については「自分が動いているっていうか、すごく興奮しました。でもちょっと照れる」とニヤニヤ。

「JUDGE EYES:死神の遺言」キャストの中尾彬、谷原章介、滝藤賢一

 名越監督は、木村の起用について「最初から決まっていたわけではなくて、ゲームのタイトルもついていない頃に、この作品を現実にしたいと思って、なんかアイコンが欲しいなって思っていたんですけど」と説明。「木村さんにたまたま会える機会があって、もしこのシナリオを木村さんでやれたらな~って、妄想を木村さんにぶつけたら『やりましょう』って」と話がトントン拍子に決まったことを明かした。

[PR]

 ゲームの情報解禁まで時間があったこともあり、木村は「言いたくても誰にも言えなかったこと。ようやく胸を張って言える」とホッとした表情。「『龍が如く』の世界観は自分の中でも浸透していたので、自分もああいう世界に入ったらどういう風になるんだろうっていう想像はすごく膨らみました」と不安も打ち明けた。しかし、アフレコ作業については「監督にすべて身を任せてやらせてもらいました」と振り返り、「みなさんに思い切り楽しんでほしい」とメッセージを寄せた。

 当日は木村のほか、本ゲームのキャストである谷原章介滝藤賢一中尾彬、主題歌「アルペジオ」と挿入歌「Your Song」を担当する人気ロックバンド・[ALEXANDROS]が登壇した。本日より、本作の先行体験版が PlayStation Store にて配信される。(取材・文:名鹿祥史)

「JUDGE EYES:死神の遺言」は12月13日発売予定 対応機種:PlayStation(R)4
希望小売価格(通常版・ダウンロード版):8,290円+税

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]