篠原涼子、引退の安室奈美恵に祝福とエール

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
安室の引退に「またなにかの形で届けてくれる日がくるといいな」と望みを込めた篠原涼子

 女優の篠原涼子が16日、TOHOシネマズ日比谷で行われた映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』大ヒット御礼舞台あいさつに登壇。この日は、篠原と共に1990年代の音楽シーンを盛り上げた安室奈美恵の引退当日となり、篠原は「小室ファミリーとして一緒に音楽で携わる時代があった」としみじみ語った。本舞台あいさつには、 広瀬すずリリー・フランキー大根仁監督も出席した。

【画像】篠原涼子・ 広瀬すず出席『SUNNY』舞台あいさつ

 本作は、90年代に青春を謳歌した女子高生の仲良しグループ「サニー」のメンバーたちの現在と過去を、安室らによる90年代の流行曲と共に描いた物語。音楽を小室哲哉が務め、劇中では、安室が歌った「SWEET 19 BLUES」や「Don't wanna cry」が効果的に使用されている。

[PR]

 篠原は、自身が歌手活動を休止した後に偶然スーパーで安室と出会ったことを明かすと「ドラマいつも観ています。応援しています」と声をかけられたエピソードを披露。そんな安室と映画を通してコラボできたことに「安室さんも今日で引退されるということですが、人としてとても優れた方。またなにかの形で届けてくれる日がくるといいなという望みを込めて、お祝いしたいです」とエールを送った。

 一方、それら楽曲のリリース時には、まだ生まれていなかったという広瀬は「世代ではないのですが」と前置きしつつも「わたしたちの世代からみても、常に第一線に立たれて、女性のかわいい、格好いいの憧れが詰まっているような存在」と安室の偉大さを表現。直接ではないが、本作で安室の音楽に触れることができたことは大きな財産になったようだ。

 大根監督は、6~7年前から、韓国版『サニー 永遠の仲間たち』(2012)のリメイクを考えていたといい、設定を90年代のコギャルにしようと思い立ったときから、音楽は小室に依頼したいという思いがあったという。奇しくも小室音楽の中心だった安室の引退と映画の公開時期が重なったタイミングに驚きを見せつつ「『SUNNY』のなかに安室さんの代表曲が残すことができたことはうれしい」と感無量な表情で語っていた。

[PR]

 また、本作は鑑賞後の満足度が非常に高いといい、リリーは「『万引き家族』とは大違いですね。あちらは鑑賞後モヤモヤするので」と自身の出演作を引き合いに出して笑いをとる。さらに「僕の予想だと『劇場版 コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』ぐらいの数字が出ると思っていたんですけれどね。すずがヘリコプター乗ればよかったんだよ」と冗談を飛ばすと、大根監督も「篠原さんがサメに襲われてないからじゃないですかね」と先週の全国映画動員ランキングで首位に立った『MEG ザ・モンスター』を連想させるトークで、場内を爆笑に包み込んでいた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]