樹木希林さん死去、75歳…夫との穏やかな来世を願っていた

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ご冥福をお祈りいたします - 樹木希林さん(今年4月撮影)

 女優の樹木希林さんが15日に亡くなった。75歳だった。

【画像】樹木希林さんをサポートする孫娘の内田伽羅

 樹木さんは2013年に映画『わが母の記』で第36回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した際に全身がんであることを公表してからも、『あん』『海街diary』『モリのいる場所』『万引き家族』など精力的に活動を続けて名演を披露し、日本映画界になくてはならない存在だった。今年4月の完成披露試写会では「(元気そうに見えるのは)瞬間芸だからね。みんなが帰ったあとにガク~ッとくる。今は気を張っている感じかな」と体調はあまりよくないと説明。今年8月には転倒して左大腿骨を骨折し、入院中に一時危篤状態になっていた。

 10月13日には茶道教室を舞台にした新作『日日是好日』の公開も控えていた。7月末に行われた同作の完成披露イベントでは、茶道に触れることによって感じたことを聞かれると、「もし、縁があってこの地球上に戻って来ることがあったら、小さな茶室を設けて、夫(内田裕也)と向き合って、静かな人生を送りたいなぁ……という気持ちになりましたね」と語っていた。(編集部・市川遥)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]