シネマトゥデイ

棚橋弘至『パパはわるものチャンピオン』初日に男泣き!寺田心がねぎらう

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
棚橋弘至、男泣き!

 新日本プロレスのプロレスラー・棚橋弘至と子役の寺田心が22日、都内で行われた映画『パパはわるものチャンピオン』公開記念舞台あいさつに登壇。感極まり、涙が止まらない棚橋に寺田までもらい泣きする、涙・涙のイベントになった。この日は、木村佳乃高橋優(主題歌)、藤村享平監督も来場した。

寺田心ももらい泣き フォトギャラリー

 全国公開映画で初主演を務めた棚橋は、「こんなに大きな劇場で舞台あいさつができると思っていなかったのでうれしいです」と笑顔。藤村監督に「最初に会った時に棚橋でイケるのか……と(不安に)思わなかったか」と問いかけ、「最初から一蓮托生でやると決めていたし、(本作にかける)覚悟を感じ、それが映画に反映されている」と伝えられると、安堵(あんど)の表情も見せた。

[PR]

 また棚橋は「不安しかなかったけど、座長として見せちゃいけないと思い、現場では明るい雰囲気作りに気をつけていました」と回顧。プロレスのプロモーションを通じて、情報の伝わりにくさを痛感していることから、たった一人で100媒体を越える取材に応じたことも明かした。

 その後も、9歳の息子役を務めた寺田と撮影の合間にしていた“プロレスごっこ”を再現して、会場を盛り上げた棚橋だが、クランクアップ後に自身が号泣した映像が上映されると、「本人なのに、思わずもらい泣きしちゃいました」と照れ笑い。それだけにとどまらず、苦楽を分かち合った塩崎監督補からの手紙が代読されると、またも涙腺が崩壊。主演俳優としての立派なたたずまいや、男らしく優しい人間性、晴れ舞台を喜ぶ手紙には、棚橋の決めゼリフでもある「愛してます!」というメッセージもつづられており、棚橋は涙をぬぐいながら「ありがとうございます」と感謝した。

 続けて制作スタッフからの寄せ書きもプレゼントされ、さらに涙ぐむ棚橋に、寺田までもがもらい泣き。それでも声を震わせながら、「頑張りました」と自分をねぎらう寺田に、棚橋は「ありがとう。俺が先に泣いちゃったから、ごめんね」と気遣い、会場の笑いを誘っていた。

 本作は、作・板橋雅弘、絵・吉田尚令の絵本「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」の実写映画化。栄光のトップレスラーから悪役覆面レスラーになった大村孝志(棚橋)が、自らのプライドと愛する家族のため、チャンピオンに挑む姿を描く。(取材・錦怜那)

映画『パパはわるものチャンピオン』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]