シネマトゥデイ

福士蒼汰『旅猫リポート』で不思議な体験 自分の映画で初めて泣く

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
福士蒼汰と猫のナナ

 俳優の福士蒼汰が25日、都内で行われた映画『旅猫リポート』完成記念カーペットセレモニーに登場し、本作に携わったことによる初めての「不思議な体験」について語った。この日は、高畑充希竹内結子、ナナ(猫)、広瀬アリス大野拓朗山本涼介三木康一郎監督も来場した。

【写真】福士蒼汰に抱かれて暴れる猫のナナ(イベントの様子)

 本作は、有川浩の同名小説の実写映画化。心優しい青年・悟(福士)と猫のナナ(声:高畑)が新しい飼い主を探す旅物語。劇中に登場する菜の花畑をイメージしたイエローカーペットが敷かれた大階段を、ナナを抱いて降りた福士。じっとしていられないナナに手こずったものの「可愛い猫ちゃんと一緒にいい映画を作れたと思います」と爽やかな笑顔を見せた。

[PR]

 また、「ナナちゃんが本能で動くので僕も本能でお芝居を返す現場でした」と振り返りつつ、映画を観た感想について「自分の映画で泣いたのは初めてでした」とコメント。普段は「お芝居のことが気になったり、撮影現場のことを思い出したりする」ため、試写は「客観的に観られない」そうだが、「この映画は客観的に登場人物に感情移入することができて、僕がお芝居で泣いているシーンを観て、涙が自然にこぼれてきて……。不思議な体験をしました」とこれまでにない体験をしみじみと語った。

豪華メンバーが集結!

 三木監督は、「有川先生から『猫を中心とした撮影をしてください』という唯一の要望がありまして、現場は猫シフトを敷き、ナナがどういう風にできるかをみんなで考えて撮っていきました」と説明。さらに、ナナの役者ぶりを聞かれると、「いいところもあれば悪いところもある」とぶっちゃけ。大野から「正直! 『素晴らしい役者』みたいなのがあるじゃないですか」とツッコまれると、「素晴らしい表情をするときもあれば、ニャニャニャーって(どこかに)行っちゃうときもあったんです」と素直に打ち明け、観客の笑いを誘っていた。(取材・文:錦怜那)

映画『旅猫リポート』は10月26日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]