前田敦子、公私ともに飛躍の2018年

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
前田敦子 - 撮影:上野裕二

 女優として着実にキャリアを積んでいる前田敦子が、新作映画『食べる女』(上映中)で演じるのは、恋や結婚に揺れる女性・多実子。小泉今日子鈴木京香沢尻エリカら先輩女優との共演のなかでも、しっかりと存在感を示している。アイドルグループ・AKB48を卒業し「女優宣言」してから約6年、前田は現在の女優としての立ち位置をどう捉えているのだろうか。

【動画】『食べる女』メイキング映像

 以前から「自分で制限は決めたくない」と話していた前田。その言葉通り、『もらとりあむタマ子』『散歩する侵略者』など“AKB48の前田敦子”のイメージとはかけ離れたようなエキセントリックな役柄を演じることも多い。この点について「監督の作品のなかに“入ってほしい”と思ってもらえなければ、女優という仕事は続けていけない」と常に、意識される存在でいることの大切さを自覚しているという。

[PR]

撮影:上野裕二

 その意味で、作品に対するアプローチ方法も、ここ数年で大きく変わってきた。「芸歴で言えば、もう『新人です』という感じではなくなってきているんですよね」と苦笑いを浮かべると「これまでは、監督さんから言われたことに対して『はい』と応えることが正しいのかなと思っていたのですが、ここ最近は、それは逆に卑怯なことなんじゃないかなと思うようになったんです」と変化を述べる。

 撮影現場では積極的にコミュニケーションをとり、自分の考えをしっかりと伝えるように心掛けているという。双方向から役柄について考えることで、よりキャラクターの理解は深まり、立体的に表現できるようになる。本作でも、不倫経験が長かったことが影響し、現在は料理上手で優しい相手と安定した恋愛をしているものの、結婚に踏み切れない女性・多実子のモヤモヤを体現している。

 多実子に感情移入できないことがあったとしても、メガホンをとった生野慈朗監督と情報交換しながら役柄を立体化していったという。そうしたアプローチ方法によってユニークかつ感情移入しやすいキャラクターを作り上げることに成功した。前作の『のみとり侍』では、遊び人の亭主(豊川悦司)の恐妻を演じたが、鶴橋康夫監督は前田の演技を絶賛。次回作で若い女性の役があれば「必ず敦ちゃん」と心酔していた。

[PR]
映画『食べる女』より (C) 2018「食べる女」倶楽部

 作品を介した“縁”は前田にとって、かけがえのないものだという。「自分が出演した作品を観て、声を掛けていただけるからこそ、繋がっていける。縁がずっと繋がって、こうして作品に出られることは本当に幸せだと思っています」としみじみ思い返す。

 「非常に充実している」と現状の女優業について語っていたが、プライベートでは今年7月に結婚という大きな出来事があった。まだ時間が経っていないので大きな変化はないというが、「仕事以外に余計な不安がなくなるというか、絶対に自分の味方だという人が側にいるというのは、とても大きなことだと思います」と精神的な安定が、女優としても大きな強みになるのではないかと期待を口にしていた。

 今後もブレずに女優道にまい進し「前田を呼ぼう」と思ってもらえるような存在になりたいと目を輝かせながら語っていたが、2018年公開の出演作もすべて「初めまして」の監督との仕事だった。新作が公開されるたびに、新たな出会いがある……それをモチベーションに、最大限のパフォーマンスを見せる積み重ねが前田を着実にステップアップさせているようだ。(取材・文:磯部正和)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]