高梨臨、女優の仕事が「やっぱり好き」 結婚後の変化を明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
オトナの土ドラ「結婚相手は抽選で」でヒロインを演じる高梨臨

 “結婚は人間の義務なのか?”を問いかけ、現代のリアルな社会問題と向き合う社会派ヒューマンドラマ、オトナの土ドラ「結婚相手は抽選で」(東海テレビ・フジテレビ系、10月6日スタート)。ヒロイン・奈々を演じるのは女優・高梨臨だ。自身も今年2月に結婚するなど、作品にリンクする部分が多い高梨は、このドラマ出演を通してどんなことを感じたのだろうか。

美しい!ワンピース姿の高梨臨【写真】

 物語の舞台は、25歳~39歳の独身男女が、政府によって抽選で結婚相手を決められる“抽選見合い結婚法”が施行された日本。高梨は、厳格な祖母のもとで反発することなく育てられたお嬢さまを演じるが「自分中心のくせに、親の言いなりになって、どうしたらいいかわからずウジウジしてばかり。観ている人は結構イライラしてしまうと思います」とやや手厳しい。高梨自身も撮影中は「かなりモヤモヤしていました」という。

[PR]

 しかし一方で「結婚に焦りを抱いている年齢だと、どうしても自分が大切で、自己中心的になってしまうのはわかるんです。その意味ではリアルな女性像だと思います」と共感できる部分は多いのだとか。さらにそんな女性が“抽選見合い結婚法”によって、自身を見つめ直していくというストーリー展開は「視聴者にも多くの“気づき”があるのではないでしょうか」と見どころを語る。

リアルな女性像に挑んだ

 本作は国に強制された見合いによって、現代社会が抱えるさまざまな問題が浮き彫りになる。高梨自身も今年2月に結婚。まだ「劇的な変化はない」としつつも、「心の安定は得られた」とプラスに作用している点を述べる。この作品に臨むうえでも「もし結婚していない状態で、このドラマに入っていたら、自分のなかで隠していたい感情に触れて、かなり気分が落ちてしまったかもしれません」と語る。

 結婚後は、女優という仕事に対して「仕事をさせていただけていることがすごくありがたい」と感謝の気持ちがこれまで以上に増したそう。その理由について「結婚して家庭に入るという選択肢もあると思うんです。でもこの仕事に向き合ってみたとき、やっぱり女優という仕事が好きなんだと強く思ったんです」と心情を吐露。高梨にとって“演じる”という仕事は、パートナーを得て、さらに重みを増した。

[PR]

 今年12月には30歳を迎える高梨は、女優として10年以上のキャリアを積み重ねてきた。ふと気づけば年下の俳優も増え「新人という感じではなくなってきた」と話す。また結婚、そして30代という未知の領域に突入することにより「人生観や価値観も変わってくると思う」と変化に期待すると「自分自身も大人の女性になって、この年齢だからこそできる役を開拓していきたい」と意欲を見せる。

 女優業の魅力は、一つ一つの役柄に向き合うことによって、その役を通してでなければ、気づけなかったような自分自身を発見できることだという。本作で演じた奈々についても「なにをやっても中途半端な彼女を演じていると、わたしにも同じ部分があるんだなと感じた」と語る。

 詳細を問うと「自分では完璧なつもりでも、振り返るとなにもかもストイックにこなせてはいない部分が見えてくるんです。身近で夫のストイックな姿を見ていると全然足りないのかなと……」と苦笑い。

 それでも、こうした自身の新しい発見を「楽しい」と目を輝かせた高梨は「これからも、しっかり考えながら、いろいろな気づきを与えてくれる役に出会っていきたい」と抱負を語っていた。(取材・文・撮影:磯部正和)

オトナの土ドラ「結婚相手は抽選で」は東海テレビ・フジテレビ系にて10月6日よる11時40分より放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]