真木よう子、SNS炎上扱う弁護士役 NHK「炎上弁護人」で主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「炎上弁護人」でアウトローな弁護士を演じる真木よう子

 女優の真木よう子が、12月15日にNHK総合で放送される土曜ドラマスペシャル「炎上弁護人」(21:00~22:13)で主演を務めることが明らかになった。

【画像】真木よう子、『孤狼の血』で妖艶ドレス姿

 真木が演じる主人公・渡会美帆は、世間やマスコミのバッシングによって“社会の敵”とされた人々を担当する、アウトロー気質の弁護士。ある日、ネットの炎上によって加害者扱いされた主婦・朋美の相談を受けた美帆は、彼女への攻撃のひどさを目の当たりにし、勝ち目の薄いSNS炎上案件に立ち向かうことを決意する。

[PR]

 SNSをきっかけとした “炎上”が取りざたされる世の中について、「今やネット炎上や、SNSから発信される情報での事件発覚等、私達、表に立つ人間でなくとも皆様全員が襟を正さなければ、次は我が身と姿勢を伸ばす社会になったように思います」と語る真木。「誰が本当の犠牲者で、加害者は何者なのか。現代のこの流れにどこか『これでいいのか?』と、思っていらっしゃる方々の気持ちがスカっとするようなドラマです。是非、多くの方々に御覧になって頂きたいと思っております」と意気込みを語っている。

 美帆が担当する主婦・朋美を演じるのは仲里依紗。炎上との戦いを通して、美帆と弁護士・依頼人の立場を越えた絆を育む。そのほか、岩田剛典岡山天音片桐はいり小柳ルミ子宇崎竜童小澤征悦らが共演者に名を連ねる。脚本は「白い巨塔」「昼顔」「BG~身辺警護人~」などの脚本家・井上由美子。「この声をきみに」「お母さん、娘をやめていいですか?」などの笠浦友愛が演出を担当する。(編集部・入倉功一)

NHKドラマスペシャル「炎上弁護人」は12月15日(土)放送 21:00~22:13※単発

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]