『億男』北村一輝、藤原竜也ら激変のワケ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
億万長者を怪演した藤原竜也&北村一輝 - (C) 2018映画「億男」製作委員会

 10月19日公開の映画『億男』で、北村一輝藤原竜也ら億万長者にふんしたキャストたちが劇中、劇的な化けっぷりを見せている。独自のアレンジも加え、お金に囚われた人々を描いた大友啓史監督が、キャストの変身秘話を明かした。

【動画】『億男』予告編

 朝ドラ「半分、青い。」の容姿端麗、知的で繊細な美青年・律から一転して、髪はぼさぼさ、うつむき加減というさえないルックスで、人生に疲れ切った男・一男を演じた佐藤健。宝くじで当てた3億円を持ち逃げした親友・九十九(つくも/高橋一生)の行方を追い、一男が出会っていく人々にふんした人気キャストの変身ぶりも、本作の見どころの一つだ。

[PR]

 団地でつましく暮らす専業主婦の十和子(沢尻エリカ)、競馬好きの実業家・百瀬(北村)、マネーセミナーの教祖・千住(藤原)。一男が出会う3人に共通するのは、彼らが九十九とともに企業した仲間たちであり、億万長者であること。会社「バイカム」を退いたのち、百瀬は起業、千住は人望、十和子は愛、それぞれ違うものに囚われており、「富を手にした者たちの三者三様の壊れ方というのを考えていくなかで、出てきたルックス」と大友監督は説明する。

話し方も別人のエンジニア・百瀬役の北村一輝

 中でも強烈なのが、顎髭を生やし、太め体型で関西弁をまくしたてる元CTO(最高技術責任者)でスーパーエンジニアの百瀬。原作では「坊主頭の巨漢」という設定だが、映画ではかなり変わっている。衣装デザイン、キャラクターデザイン担当の澤田石和寛が「思い切り振り切った方がいいのでは」と多くのユニークなアイデアを提案したという。

 百瀬の参考イメージになったのは、アップル社の共同設立者であるスティーブ・ジョブズの若き頃。「日本ではあまりああいう髭を生やした人ってあまりいないと思うけど、アメリカには結構いて。見た目もかまわずファーストフードを手にひたすらデスクに向かって、どんどん太っていくというような。会社を立ち上げようとしているけど、あくまでエンジニアであって経営の才覚はないからうまくいかない。でも、企業したころの刺激がほしくて心の穴を埋めるために競馬だったりギャンブルをやっている。そういうスリルに囚われてしまっている人」と説明。

[PR]
藤原竜也は、マネーセミナーの教祖に

 元CFO(最高財務責任者)でマネーセミナーの教祖・千住はせわしなく、車で移動中にかつらをつけたり口ひげをつけたりとマジシャンのように変身していく。「千住はおそらく一番優秀な経営者だったんだけど、それゆえ『あれを切れ、クビを切れ』などとお金にシビアだから逆に人望がない。尊敬されない。それが欲しくて、ああいうふうに宗教団体の教祖みたいになっている」。九十九の実質的な秘書だった広報の十和子は質素な印象。「九十九と恋愛関係にあったのではないかとも思える。だけどそれがかなわず、代わりの愛を見つけたけれど、どこか満たされずにいる」としている。

意表を突くキャラクターにふんした沢尻エリカ

 人はお金があれば幸福になれるのか? 芸達者なキャストたちが体現した億万長者たちの三者三様の生きざまから、思わず考えさせられるはずだ。(取材・文:編集部 石井百合子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]