シネマトゥデイ

シュワルツェネッガー、セクハラ疑惑を謝罪

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
過去の発言などを後悔しているそう - アーノルド・シュワルツェネッガー - Celestino Arce / NurPhoto via Getty Images

 アーノルド・シュワルツェネッガー(71)が、過去に女性の体を触ろうとした疑惑について謝罪した。シュワルツェネッガーは、犯した間違いから学んだことがあるという。

【画像】『ターミネーター』新作の撮影現場でのシュワちゃん!

 シュワルツェネッガーは「振り返ると、越えてはならない線を越えたことが何度かあって、誰より先に謝らなければならなかった。本当に申し訳なく思っている。カリフォルニア州知事になったとき、自分も含めて、人々が同じ間違いを犯さないようにしたかったんだ」「正しい知識を得るために、セクハラに関する講習も受けた。法的視点と一般的な視点から、何が許されて何が許されないかを学んだんだ」と明かした。

[PR]

 過去に間違いは犯したものの、「男らしさ」に対する考え方は変わっていないという。Men’s Health誌に対しシュワルツェネッガーは「俺は男だ。自分が何者かということについて、考え方を変えることはないよ」「初めて愛した女性は母親だ。素晴らしい女性で、尊敬していたよ。女性に対する敬意は常にあった」と話した。

 しかし、2004年に政敵に対し「女々しい」と発言したことを後悔しているそう。シュワルツェネッガーは「その当時は正しいことを言ったと思っていたんだ。直感的に言ってしまった。リスクを負う覚悟がなくて、何事にも怯えていたのを『女々しい男』と呼んでしまった」「でも目先のことしか見えていなかったんだ。長い目で考えると、一緒に仕事をしたいのであれば言うべきじゃない」と述べた。(BANG Media International)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]