妻たちが犯罪チームを結成!ヴィオラ・デイヴィス&ミシェル・ロドリゲスら出演作4月日本公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
落とし前つけたろか! - 映画『妻たちの落とし前』より - (c) 2018Twentueth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

 犯罪者だった夫たちが残した借金の返済のため、やむを得ずその妻たちが窃盗団を結成する姿を描いたクライムサスペンス映画『Widows』の邦題が『妻たちの落とし前』に決まった。2019年4月に日本公開される。

映画『妻たちの落とし前』海外版予告編

 女性だけの犯罪チームのメンバーを演じたのは、『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』のヴィオラ・デイヴィス、『ワイルド・スピード』シリーズのミシェル・ロドリゲス、『コードネーム U.N.C.L.E.』のエリザベス・デビッキ、ミュージカル女優として活躍するシンシア・エリヴォという個性豊かな面々。夫の死によって理不尽に踏みつけにされても、たくましく立ち上がり、潜在的な能力を発揮して困難に立ち向かっていく女性たちを魅力的に演じている。

[PR]

 メガホンを取ったのは『それでも夜は明ける』のスティーヴ・マックィーン監督とあって、犯罪ドラマとしてのハードな描写も見どころ。1980年代にイギリスで放送されたテレビシリーズを、マックィーン監督が『ゴーン・ガール』の原作者にして脚本家でもあるギリアン・フリンと共に脚色した。リーアム・ニーソンコリン・ファレル、『ゲット・アウト』のダニエル・カルーヤらが脇を固めている。(編集部・市川遥)

映画『妻たちの落とし前』は2019年4月全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]