シネマトゥデイ

『ユニバーサル・ソルジャー』リブート企画が進行中!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
再映画化が企画されている『ユニバーサル・ソルジャー』(1992) - TriStar / Getty Images

 映画『インデペンデンス・デイ』(1996)のローランド・エメリッヒ監督が1992年に発表したSFアクション『ユニバーサル・ソルジャー』の再映画企画が進行していると、『イコライザー2』の脚本家リチャード・ウェンクが Discussing Film に明かした。

ちゃんと続編もある!『ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション』予告編

 『ユニバーサル・ソルジャー』は、ベトナムで戦死した深い因縁のある2人の兵士が、軍の極秘実験で強化兵として蘇り、25年後の世界で死闘を繰り広げるさまを描いた作品。当時、アクションスターとして人気を誇った、ジャン=クロード・ヴァン・ダムドルフ・ラングレンの対決も話題を呼び、2人が再び共演した続編『ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション』(2009)、『ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録』(2012)なども製作されている。

[PR]

 リブート企画は、『イコライザー』シリーズを手掛けたトッド・ブラックジェイソン・ブルメンタルのプロデュースで進行しているといい、リチャードは今月中にも脚本作業を終えると発言。オリジナル版と違い、一人の兵士にフォーカスした作品になるという。

 脚本段階ということで、実際の製作や監督の決定はこれからだとみられるが、リチャードは、『イコライザー』シリーズのほか、『16ブロック』(2006)、『マグニフィセント・セブン』(2016)といった佳作アクションの脚本を手掛けているだけに、期待が持てる企画といえそうだ。(編集部・入倉功一)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]