阿部サダヲ&吉岡里帆、映画館にシャウトを響かせる!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
阿部サダヲ&吉岡里帆

 阿部サダヲ吉岡里帆が18日、TOHOシネマズ新宿にて行なわれた映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(公開中)の一夜限りのライブイベントに出席。劇中で吉岡演じるふうかが歌った「体の芯からまだ燃えているんだ」を熱唱した。

【写真】ハイテンションな阿部サダヲ&吉岡里帆

 声帯ドーピングによって神の声を手に入れたロックシンガー・シン(阿部)と、異様に声が小さく、なにごとにも逃げ腰のストリートミュージシャン・ふうか(吉岡)が織り成すハチャメチャなストーリーが展開する本作。劇中では、それぞれが魅力的な歌声を披露しているが、この日、ギターを持って登場した吉岡の顔は緊張でこわばっていた。

[PR]

 それでもマイクの前にスタンバイし、吉岡はワンフレーズ目を歌い始めるが、「ごめんなさい。もう一回やらせてください」と演奏を止める。そんな吉岡にバンド「グループ魂」でボーカルを務める阿部は「しょうがない。お客さんの前で初めてなんだから。俺も(音を)外していたから」と優しくフォローするなど、息の合ったコンビぶりを見せていた。

吉岡里帆、美しい

 仕切り直しで、吉岡のギター演奏と共に二人のシャウトが会場に響き渡ると、客席のボルテージは最高潮に。阿部は舞台から降りると、ノリノリで場内を一周。吉岡もギターを上下に振りながら演奏するなど激しいパフォーマンスで劇場を熱狂に包み込んだ。

 演奏終了後、阿部は「リハーサルの方が良かった。お客さんがいると、わけがわからなくなっちゃう。リードを外された犬みたいな気持ちだった」と語り、人前で歌うことが初体験だったという吉岡は「ステージに出る前から涙が出てきたり、引っ込んだりの繰り返しでした」と普段は味わうことができない経験に興奮している様子だった。阿部は、度胸満点のパフォーマンスを見せた吉岡に「この映画でギターを始めたというのに、人前で演奏して歌うなんてすごい」と絶賛。吉岡も阿部のハイトーンボイスに「すごいっす。マジで尊敬っす」と敬意を表していた。

決まった!

 吉岡は、大熱狂に包まれた客席に向かって「『やらない理由を見つけるな』がこの映画のテーマです。わたしは歌やギターが初めてで、こんなに緊張することがあるんだとビックリしましたが、でも挑戦してよかった」と清々しい表情を見せ、物事に躊躇(ちゅうちょ)してしまいがちな人に向けて「このまま終わりじゃもったいない」と熱いメッセージを送っていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]