橋本マナミ、朝ドラで見せる「昔の自分」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
橋本マナミ - (C)NHK

 安藤サクラ主演のNHK連続テレビ小説「まんぷく」でヒロイン・今井福子(安藤)が働くホテルの先輩でフロント係の保科恵を演じている橋本マナミ。「昔の自分を掘り起こしながら演じるというのはなんだか楽しいです」と撮影についてインタビューで語っている。

【写真】癒される!安藤サクラ&長谷川博己「まんぷく」夫婦役ツーショット

 平成27年度前期に放送された「まれ」でも朝ドラ出演経験がある橋本。今回の役どころについて「仕事のできる先輩という、今までとは全く違った役をいただきました。演じるうえでのプレッシャーもありますが、それを気にしすぎると肩に余分な力が入ってしまうので、楽しみながら演じることができたらいいなと思います」とコメント。

[PR]

 恵は仕事のできる才色兼備な女性だが、実は一度も男性と付き合ったことがないという少し奥手な役。「実は私も昔は男性が側にいると緊張してしまうタイプでした。すっかり最近は忘れかけていましたが、実際の私は恵に近い性格だったんです」と明かし、「(恵は)恋愛の話になった途端に慌てふためくような可愛らしいギャップがあるので、そこに注目していただきたいです」と紹介している。

 「まんぷく」は日清食品の創業者・安藤百福と妻・仁子をモデルにしたフィクション。橋本の普段とのギャップのある役、芦田愛菜による朝ドラ史上最年少の「語り」などが話題だ。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]