妻夫木聡、リテイクされないために速攻で髪を切る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

 俳優の妻夫木聡が23日、都内で行われた映画『来る』(12月7日公開)の製作報告会に出席。中島哲也監督とは『パコと魔法の絵本』『渇き。』に続く3度目のタッグとなる妻夫木は、「久しぶりの終わりがない、しびれた現場」をぶっちゃけトークで振り返った。会見には岡田准一黒木華小松菜奈柴田理恵川村元気(企画・プロデュース)も参加した。

クールな小松菜奈も笑顔に【会見の写真】

 第22回日本ホラー小説大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を、『告白』などの中島監督が映画化。田原(妻夫木)のもとに現れた謎の訪問者をきっかけに、オカルトライター・野崎(岡田)らが惨劇に巻き込まれていく。

[PR]

 「何回もオファーをいただけることは光栄ですし、中島監督は毎回想像を超えるものを作り上げてくださり、僕自身も新しい顔を見せてもらえるので、うれしかった」と撮影を回顧する妻夫木。妻・香奈役の黒木も中島監督の大ファンで「念願というか、やっとわたしも出られるんだという気持ちがありました」と喜びを噛みしめると、夫婦で育児セミナーに参加したシーンを振り返り、妻夫木と「勉強になったね。面白かったね」と笑い合った。

 しかし妻夫木は「こんなに時間が見えない現場は、最近はなかなかなかった」と深夜になっても撮影が終わらなかったことを明かすと「最初は3月に終わると聞いていたけど、5月くらいまでやっていた」とも。また、三重県でのロケシーンを東京でリテイクしたことも紹介し、「じゃあ、三重は何だったの!? そこがホラーだった」とぶっちゃけ。さらには、「まだ何か言いそうだったんで、これ以上リテイクされないために、リテイクを撮った次の日に速攻で髪の毛を切りました」と思い切った行動も明かした。(取材:錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]