『翔んで埼玉』二階堂・GACKT・伊勢谷・京本の本格劇中ビジュアル公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
なかなかの衝撃ビジュアル! 『翔んで埼玉』の二階堂ふみ、GACKT、伊勢谷友介、京本政樹 - (C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

 「パタリロ!」の作者・魔夜峰央(まやみねお)の人気漫画を実写映画化する『翔んで埼玉』から、二階堂ふみGACKT伊勢谷友介京本政樹ら主要キャストの劇中ビジュアルを捉えたポスター画像が公開された。

【動画】埼玉ディス映画?『翔んで埼玉』特報

 原作は、埼玉県民が東京都民たちに冷遇される架空の世界を舞台に、さまざまな“埼玉ディス”が飛び交うギャグ漫画。映画では、二階堂が東京都知事の息子で都内名門校の生徒会長・壇ノ浦百美(だんのうらももみ)を、GACKTが麗しい埼玉出身の転校生・麻実麗(あさみれい)を演じ、2人の県境を越えたラブストーリーを描く「伝説パート」と、とある埼玉在住の一家を通してその伝説を振り返る「現代パート」の2部構成で展開する

[PR]

 男性役に挑む二階堂は凛々しい白馬の王子様ルックで、GACKTはかつてを彷彿させる貴族のような装いで、原作の世界観を体現。また伊勢谷は、映画オリジナルキャラクターとなる東京都知事の執事・阿久津翔を演じており、ステッキを携えどこか謎めいた雰囲気。京本は、白髪・白塗りメイクの時代劇風スタイルで、伝説の埼玉県民・埼玉デュークを再現している。

(C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

 各キャラクターの全身を捉えたポスターには、「埼玉県人にはそこら辺の草でも食わせておけ」「ダさいたま、クさいたま、田舎くさいたま」などの“ディス”台詞があしらわれており、本編における、魔夜峰央ワールド再現への期待が高まる。

 本作にはそのほか、ブラザートム麻生久美子島崎遥香成田凌間宮祥太朗益若つばさ武田久美子麿赤兒竹中直人中尾彬が出演。人物デザイン監修・衣装デザインを担当したのは「精霊の守り人」などにも参加する柘植伊佐夫。監督は『のだめカンタービレ』『テルマエ・ロマエ』シリーズなどの武内英樹が務めた。(編集部・入倉功一)

映画『翔んで埼玉』は2019年2月22日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]