佐野玲於「結婚したくなりました」松本穂香にプロポーズするショートフィルムが公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
イケメンかよ!

 佐野玲於GENERATIONS from EXILE TRIBE)と松本穂香が共演を果たしたショートフィルム「TIFFANY BLUE」が2日に公開された。(2019/5/10更新:動画の公開は終了しました)

【動画】佐野玲於×松本穂香「TIFFANY BLUE」

 ジュエリーブランドのティファニーと結婚情報誌「ゼクシィ」がコラボしたショートフィルムの第2弾となる同作は、美容師を志す青年・レオ(佐野)と、ほのか(松本)の遠距離恋愛中のカップルが主人公。2人の気持ちがすれ違っていくなか、お互いの大切さに気付きレオがプロポーズするまでが描かれる。

[PR]

 佐野は今年、映画『虹色デイズ』で映画初主演、『ハナレイ・ベイ』(公開中)に出演するなど俳優として活動の幅を広げている。一方の松本は、7月クールのドラマ「この世界の片隅に」(TBS系)で主演を務めるなど若手注目女優の1人。そんな2人が恋人役を担った。

松本穂香

 佐野と松本によるスペシャルメッセージ映像も同コラボの特設サイトにて公開され、プロポーズシーンを終えた感想を聞かれた佐野は、「プロポーズって人生のなかで一番死ぬまで記憶に残るであろう瞬間。2人のとって特別な瞬間になるんだなと思ったのとともに、ちょっと結婚したくなりました」とコメント。松本は、「指輪を受け取るのは初めてだったので、すごくグッとキュンときました。わたしも結婚っていいなと思いました」と語っている。

 企画・脚本・プロデュースは、映画プロデューサーで小説家の川村元気。映像監督はカンヌ国際広告祭など多数の受賞歴のある柳沢翔。撮影監督は、ウォン・カーウァイ作品のカメラマンとして活躍するクリストファー・ドイルが担当。音楽は英・バンド「Fickle Friends」の楽曲「Hard To Be Myself」「Glue」。(編集部・梅山富美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]