常盤貴子、19年ぶり日曜劇場主演!「グッドワイフ」で弁護士役に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
19年ぶりに日曜劇場で主演を務める常盤貴子 - (c)TBS

 女優の常盤貴子が、2019年1月期の日曜劇場「グッドワイフ」(TBS系)で、2000年放送のドラマ「Beautiful Life ~ふたりでいた日々~」以来、19年ぶりに日曜劇場で主演を務めることが明らかになった。原作はリドリー・スコットが製作総指揮を務めた海外ドラマ。常盤は東京地検特捜部長である夫のスキャンダルによって、16年ぶりに弁護士に復帰することになる主人公・蓮見杏子(はすみきょうこ)を演じる。

【画像】原作となった海外ドラマ「グッド・ワイフ」

 杏子は、夫の逮捕によって世間から向けられる視線や16年という仕事のブランクに戸惑いながらも、強い信念をもって弁護士として成長していく。今回の役柄について常盤は「普通の主婦だった女性が弁護士に復帰する事になるのですが、(私が演じる杏子は)本当に普通の主婦だと思うんです。でもだからこそ、子どもたちを守るという母親としての想いや、夫を支えるという想い、そういうものも普通に兼ね備えているし、特別変わった事をするような弁護士ではないと思っています」とコメント。

[PR]

 また、19年ぶりに日曜劇場で主演を務めることについて、「自分では19年も経った気がしないのですが、元々私はTBSに育てていただいたようなものなので、『ただいま』と帰ってきた感じがあります」と心境を明かしつつ、「でも久しぶりだからこそ変わったと感じる部分も沢山あると思うので、これからが楽しみでもあり、また新人女優として頑張ります! という清々しい気持ちでもあります」と意気込みを語っている。

 そんな杏子に手を差し伸べる同期の弁護士・多田征大(ただまさひろ)を、俳優の小泉孝太郎が演じる。優秀でビジネスライクに仕事をする弁護士だが、司法修習生時代、ひそかに杏子に想いを寄せており、夫に裏切られた彼女の姿にかつての想いが蘇っていく。また、杏子の夫に立ちはだかる最大の敵であり、夫に代わり東京地検特捜部長となる脇坂博道(わきさかひろみち)を、吉田鋼太郎が演じる。

左上から時計回りに小泉孝太郎、水原希子、北村匠海、吉田鋼太郎 、賀来千香子、滝藤賢一

 その他、杏子の夫の元部下である特捜部員・佐々木達也(ささきたつや)役に滝藤賢一、杏子が働く神山多田法律事務所のパラリーガル(弁護士事務所のアシスタント)円香みちる(まどかみちる)役に水原希子、新人弁護士・朝飛光太郎(あさひこうたろう)役に北村匠海、そして多田と法律事務所の共同代表を務める神山佳恵(かみやまよしえ)役に賀来千香子が決定している。

 本作のプロデューサーは、松本潤主演のドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」を手掛けた瀬戸口克陽東仲恵吾。脚本は映画『人魚の眠る家』をはじめ数多くのドラマの脚本を執筆する篠崎絵里子が担当し、演出をドラマ「中学聖日記」「アンナチュラル」などの塚原あゆ子が務める。(編集部・倉本拓弥)

日曜劇場「グッドワイフ」は2019年1月より毎週日曜21時~、TBS系にて放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]