平野紫耀、ギャップが可愛すぎ!『ういらぶ。』胸キュンする女子が続出

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
人気若手キャストの集結も注目! - (C) 2018『ういらぶ。』製作委員会 (C) 星森ゆきも/小学館

 公開中の映画『ういらぶ。』で主演を務める平野紫耀King & Prince)が劇中で見せるギャップに胸キュンする観客が続出している。

笑顔の平野紫耀【写真】

 同作は、星森ゆきものコミックを実写化したラブストーリー。11月9日に公開となって以降、全国映画動員ランキングで10位圏内をキープしている。平野が演じているのは、幼なじみの優羽(桜井日奈子)が好きすぎてドSのふりをしてしまう超“こじらせ男子”の凛。

[PR]

 凛は優羽の前での強気な態度とは裏腹に、内心では優羽の可愛さにメロメロ。大親友の蛍太(磯村勇斗)に「(優羽のことが)大好きすぎて死ぬ~!」と悶絶しながら訴えるシーンがあるなど、ツン顔から甘い笑顔まで、さまざまな表情を見せる。平野自身も「彼の一途さ、男らしいのにそれが出せない不器用さに、愛おしさを感じます。可愛さとカッコよさの両方持っているのは、男として強いですよね」(シネマトゥデイインタビューより)とキャラクターの魅力を語っていた。

 また、凛は恋のライバルに壁ドンをしてみせたり、シャツをはだけさせて肉体美を披露したりと、見せ場が盛りだくさん。凛を演じる平野のファンにとってはたまらない、そして多くの観客のハートをわしづかみしてしまうようなシーンがふんだんにちりばめられている。そんな作品を楽しんだファンの「紫耀くんやばかった」「可愛すぎるしカッコよすぎ」「キュンキュンした」といった感想コメントがTwitterでは多く見受けられる。

 そんななか、先日東京・大阪・名古屋の劇場で絶叫OK、ケミカルライトOK、タンバリンや鈴もOKの「キュン声・絶叫上映」が開催された。凛がベッドの上で「優羽~~~~! 好きすぎて死ぬ~~~!」と悶えると、「可愛い!」という叫び声が上がるなど、凛の決めセリフ、ポーズといった一挙手一投足に黄色い悲鳴が響いた。

 胸キュンシーン満載の本作は幼なじみの高校生男女4人の関係が、ある男子の登場を機に変化していくさまを描く。監督は『キサラギ』などの佐藤祐市。平野紫耀、桜井日奈子、玉城ティナ伊藤健太郎、磯村勇斗ら人気若手キャストが集結した。(編集部・小山美咲)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]