青柳翔、町田啓太、鈴木伸之ら劇団EXILE総出演『jam』続編決定!

続編決定!
続編決定!

 劇団EXILEのメンバーが総出演する映画『jam』の初日舞台あいさつが1日、都内で行われ、エグゼクティブプロデューサーの EXILE HIRO から、続編『jam2』製作と「jam プロジェクト」発足が発表された。

【写真】イケメン祭り!青柳翔、町田啓太、鈴木伸之

 青柳翔町田啓太鈴木伸之秋山真太郎八木将康小澤雄太小野塚勇人佐藤寛太野替愁平、そしてSABU監督が顏をそろえた舞台あいさつ。メンバーそれぞれが撮影エピソードや作品の見どころを語っていると、司会者が突然「お知らせがあります」と話に割って入る。続いて劇場が暗転すると大スクリーンにHIROが映し出され、本作の続編の準備に取り掛かること、そして映画を総合的に盛り上げるために「jam プロジェクト」を立ち上げることを発表した。

[PR]

 SABU監督は、第1弾の撮影中からすでにパート2の構想が頭のなかにあったというが、青柳や町田らがどんな内容になるのかを問いただしても「どうしようかな」とはぐらかすばかり。司会者が「青柳さんはまたアイドル演歌歌手の役なんですか? 町田さんは変態的な一途な男性ですか?」と詰め寄ると、町田も確認するように「また変態ですか?」と発言し、会場を笑いに包み込む。

 町田は、恋人を愛するあまりやや変態的な行動をとってしまう純粋な青年を演じた。SABU監督からは「もっといやらしく」という演出を受けていたため、リップクリームを塗るシーンなどを目一杯演じたが、そのおかげで現場の女性スタッフからは「キモー」という声があがっていたという。そんな反応にも、町田は目を輝かせて「うれしい」と発言するなど、役を楽しむ姿が印象的だった。

 HIROから「全員が主役になれるように」とはっぱをかけられたメンバーたちは、それぞれSABU監督に熱烈アピール。そんな姿を見た青柳は「僕たちも知らなかったサプライズをHIROさんからいただきました。今日は映画の初日ですが、これからもっとプロジェクトを盛り上げていけるように頑張っていきたい」と力強く語っていた。

 本作は、“因果応報”をテーマに、場末の演歌歌手・ヒロシ(青柳)、意識が戻らない彼女のために善いことを続ける青年・タケル(町田)、自分を刑務所送りにしたやくざたちに復讐する男・テツオ(鈴木)の人生が交差していくさまを描く。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]