『ボヘミアン・ラプソディ』カットされた日本公演シーンの写真が公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映像も見たい! - 画像はジョー・マッゼロ公式Instagramのスクリーンショット

 映画『ボヘミアン・ラプソディ』の本編ではカットされてしまった日本公演シーンの写真を、クイーンのベーシスト、ジョン・ディーコン役を務めたジョー・マッゼロがInstagramにアップし、ファンを大喜びさせている。

【動画】仲睦まじい!クイーンを演じたキャスト陣が「シネマトゥデイ・ライブ」に出演

 人気ロックバンド・クイーンの伝記映画として、27日までに世界興行収入4億7,476万3,206ドル(約522億円)を上げる大ヒットとなっている本作。ジョーは「削除シーンの写真。僕たちが日本で『'39』を演奏しているシーンのものだよ」というコメントと共に、熱狂する観客を前にラミ・マレックフレディ・マーキュリー役)、グウィリム・リーブライアン・メイ役)、ベン・ハーディロジャー・テイラー役)、そしてジョーの4人でステージに立っている写真を公開した。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

[PR]

 ブライアン・メイが手掛けた楽曲「'39」は隠れた名曲としてファン人気が高く、ロジャー・テイラー役のベン・ハーディもこの日本公演のシーンについて、「特に楽しかった撮影のうちの一つ」とColliderに明かしていた。Instagramのコメント欄には「'39大好き!」「感激して泣いている」「ブルーレイとDVDにはどうか収録して」「削除シーン全部見せてください」といったファンの喜びとお願いのコメントが殺到している。

 ちなみに『ボヘミアン・ラプソディ』には多数の削除シーンが存在しており、ラストのライヴ・エイドのシーンの完全版も存在しているとのこと。このシーンについてフレディ役のラミは「たぶん近いうちに観られると思うよ」と請け合っていた。(編集部・市川遥)

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は公開中

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]