市原隼人「喝 風太郎!!」実写映画化で僧侶役に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
劇中衣装で東京コミコンに登場した市原隼人

 2日、俳優の市原隼人が、漫画家・本宮ひろ志の代表作を実写化する映画『喝風太郎』で主演を務めることが「東京コミコン2018」(千葉・幕張メッセ)内で行われた製作発表会で明らかになった。劇中衣装に身を包んで登壇した市原は、映画・コミックの祭典への初参加に「この後の(撮影)現場に行かなくていいくらい」と感極まっていた。

【フォトギャラリー】市原隼人、袈裟姿で東京コミコンに登場!

 原作「喝 風太郎!!」は、長年の修行を経て町へと繰り出した僧侶・風太郎が、現代の悩み迷う人々を叱り、人生を導いていくさまを描いた作品。この日は、市原に加えて、共演の藤田富工藤綾乃、メガホンを取る柴田啓佑監督が出席した。

[PR]

 破天荒な主人公を演じる市原は、ボロボロな袈裟とヒゲで風太郎の風貌を再現。劇中では袈裟姿でのアクションに加え、写経も披露するため「実際にお寺の住職さんにお話を聞いて、色々学びました」と徹底した役づくりを行ったことを明かした。また「原作に敬意を払いながらも、原作ファンが知らない世界も描かれている」と本作の見どころを語りつつ、「山奥から町へと繰り出した風太郎が、どんなリアクションを取るのかを楽しんでいただければ」と観客に呼びかけた。
 
 一方、藤田が演じるのは、風太郎につきまとう映画オリジナルのキャラクター・健司。役柄について「風太郎とは真逆の性格なのですが、彼の真っ直ぐな瞳から受ける影響によって健司も変わっていく」と説明。自身が高校時代に流行していたドラマ「ROOKIES ルーキーズ」に出演していた市原からの影響は、かなり大きかったそうで、「演技の中で(市原の)隣で寝て、震えていました」と興奮気味に語った。

 また工藤は、コミコンへの参加に興奮気味で「すぐさま、ここ(ステージ)から飛び降りてブースに行きたい」と本音をポロリ。柴田監督に向けて「撮影止めて、(ブースに)行きません?」とお願いするも、監督は「深夜2時まで撮影があります」と申し訳なさそうに答えていた。(編集部・倉本拓弥)

映画『喝風太郎』は2019年冬全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]