溝端淳平、映画『輪違屋糸里』2年越しの公開に喜び

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
土方歳三を演じた溝端淳平

 俳優の溝端淳平が30日、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で行われた映画『輪違屋糸里 京女たちの幕末』完成披露上映会に出席し、撮影から2年越しに公開を迎える同作に誇らしげな顔を見せた。この日は、共演者の松井玲奈佐藤隆太塚本高史、監督の加島幹也も登壇した。

美男美女ぞろい!溝端淳平、松井玲奈ら笑顔で登場【写真】

 「新撰組三部作」と呼ばれる浅田次郎の時代小説を実写化した本作は、芹澤鴨の暗殺事件の謎を新選組隊士を愛した女性の視点から描き出していく物語。主人公の糸里が淡い恋を抱く土方歳三役の溝端は「2年前に撮った作品ですから、満を持して公開できてうれしいです」とようやく披露される同作に喜びの面持ち。加島監督も「なかなか人生はトントン拍子にいかないものですが、そのほうが逆に着地したときの喜びが大きい。この日を迎えられたことをうれしく思います」と晴れやかな顔を見せた。

[PR]

 主人公の糸里を演じるのは映画『ソロモンの偽証』シリーズやNHK連続テレビ小説「ひよっこ」などで知られる女優の藤野涼子。この日は仕事の都合で出席が叶わなかったが、ビデオメッセージで「共感できるところもたくさんあり、愛しく思っています」とコメントが寄せられた。溝端も「ものすごく真面目な人。まだ10代の女性ですが、達観されたような顔を見せるときもあれば、普通の10代の顔を見せるときもある。女優として末恐ろしいなと。役と相まって、彼女自身の成長物語になったと思います」と称賛した。

 また、芹澤の腹心・平山五郎を演じる佐藤について、彼と恋仲となる芸妓・吉栄を演じた松井は「このまんまなんですよね。明るくて、今まで会った人で一番、ベスト・オブ・気さくで。でもカットが始まると頼りがいがあって、カッコよかったです」と語ると、佐藤も「すごく楽しかったです。僕は基本的に(松井と)2人のシーンが多かったので。完成した作品を観ると、この2人の会話が切なくて」と振り返った。また、2人ともスニーカーが好きだということで、トークが盛り上がったことも明かしていた。

 2週間というタイトなスケジュールで撮影されたという『輪違屋糸里』。加藤監督も「速いのがいいとは言わないが、今回乗り越えられたのは優秀なスタッフとキャストのおかげ。京都の松竹京都撮影所、東映京都撮影所、そして東京のスタッフという混成チームでしたが、日本映画の屋台骨を支えている人たちの力を結集して撮ることができた」と語ると、溝端も「東映と松竹が一緒に仕事をする機会はなかなかないんですよ」と誇らしげな顔を見せていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『輪違屋糸里 京女たちの幕末』は12月15日公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]