まるで本物のフレディ!『ボヘミアン・ラプソディ』で歌声が使われたシンガーが話題

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
(画像はYouTubeのスクリーンショット)

 映画『ボヘミアン・ラプソディ』で歌声が使われたカナダ出身のシンガー、マーク・マーテルが話題になっている。

【動画】マーク・マーテルが歌う「ボヘミアン・ラプソディ」

 伝説のロックバンド、クイーンのボーカルであるフレディ・マーキュリーの半生を描き、日本でも大ヒット中の同作。演奏シーンでは主にフレディ自身の声が使われているが、一部をフレディ役のラミ・マレックが担当したほか、クイーンの公式トリビュートバンド「クイーン・エクストラヴァガンザ」のボーカルにオーディションで選ばれたマークが歌っているという。

[PR]

 マークは10月末、自身のYouTubeチャンネルに「ボヘミアン・ラプソディ」をピアノの弾き語りで歌う動画をアップ。まるで本物のフレディのようなその歌声に、動画を観た人たちからは「今まで聴いた中で一番のカバー」「彼はフレディ・マーキュリーの息子?」「目をつぶると、フレディが歌っているのが見える」など絶賛の声が相次いでいる。

 以前、マークはオーストラリアの音楽情報サイト・Noise11.comで「映画ではフレディとラミ、そして僕の声をミックスしたものが使われることになるよ。どれが誰だかわからないような形でね」と語っていた。(編集部・中山雄一朗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]