宮野真守、大泉洋のセンスがほしい!サンタにおねだり

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
この日も持ち前のトーク力を存分に発揮した大泉洋

 映画『グリンチ』の初日舞台挨拶が14日、都内で行われ、日本語吹替キャストの大泉洋横溝菜帆宮野真守が登壇した。この日も大泉のトークは絶好調で、宮野も「大泉さんの(トーク)センスに感服しています。頼んでもいないのにベラベラ喋る。言わずにいられないところ。素晴らしいです」と感服の様子だった。

映画『グリンチ』 日本語吹き替え版本予告編

 実写化もされたドクター・スースの絵本を『ミニオンズ』などで知られるイルミネーション・エンターテインメントが長編映画化した本作は、ひねくれ者で孤独なグリンチが、村中のみんなが大好きな“クリスマス”を盗もうと計画するさまを描くファンタジー。この日の舞台にはクリスマスツリーが用意され、登壇者がそれぞれサンタへの願いをプレートに書いてツリーに飾る演出も。イベントを劇中さながらのクリスマスムードに包んだ。

[PR]

 大泉は「私がもしサンタさんに何かお願いできるなら、『グリンチ2』を作って欲しい」とリクエスト。先日、本作のワールドプレミアでニューヨークを訪問したことを振り返り「横溝ちゃんとまたニューヨーク行きたいし、(本国でグリンチの声を担当した)ベネディクト・カンバーバッチと今度こそちゃんと話がしてみたい。『グリンチ2』をぜひよろしくお願いします」と続編制作を訴えた。

 もっともカンバーバッチについては辛口な大泉は、作品を字幕版で鑑賞したところ「カンバーバッチの芝居では泣けなかったなぁ」など大ボラを連発。これには横溝が「何言っているかわからない~」と隣で耳をふさいで苦笑いを浮かべる一幕も。

 また、杏は「たくさん入るリュックサックが欲しい」、横溝は「家族で旅行!!」とそれぞれ願いをプレートに書き込んだが、大泉はこれに不満顔。「『グリンチ』と全く関係ないことばかり。ただの自分がほしいもの。買えよ!」と憤慨してしまう。

 一方で、宮野がプレートに書き込んだのは“大泉洋”。「この作品で毎回舞台あいさつに登壇させていただき、大泉さんの(トークの)センスに感服しています」と絶妙なトーク力を大絶賛。これには大泉も「あなたも侮れない」とツッコミ。「『めざましテレビ』に出たときも面白くて。宮野さんも本当に面白い」と話し、宮野を照れさせていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『グリンチ』は公開中

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]