切ない…『ファンタビ』ジェイコブがホグワーツの前でただ一人違う方向を見ている理由

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
一人だけ違う方向を見ているジェイコブ - 映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』より - (c) 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (c) J.K.R.

 映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』でノー・マジ(魔法使いではない人間。イギリスではマグルと呼ばれる)のジェイコブを演じたダン・フォグラーが来日時にインタビューに応じ、ホグワーツを前にしたシーンで一人だけ違う方向を見ている理由を明かした。(※以降ネタバレを含むので鑑賞後にお読みください)

【動画】エズラ・ミラーのおいでよ!ファンタビの沼

 人好きする朗らかな性格のジェイコブは、人見知り気味な魔法使いのニュートとすっかり仲良しになったかと思えば、美しい魔女クイニーのハートも射止めた最強のノー・マジ。ニュートに導かれるようにしてニューヨークの魔法界に足を踏み入れた前作に続き、本作ではパリの魔法界、さらにはイギリスにあるホグワーツ魔法魔術学校までも訪れた。

[PR]

 ダンは「彼は“ほとんど”ホグワーツに行ったと言えるね。ホグワーツ城の外には立った。だけど僕は、マグルにはホグワーツは見えないと思うんだよね。カモフラージュされていてただ通り過ぎてしまうというか……」と悲しい告白。「だからホグワーツの前に立つ最後のシーンでは、ほかの皆はホグワーツを見ているけど、僕は違う方向を見ることにしたんだよ」と笑って打ち明けた。

 そして同シーンでダンが一人別の方向を見ているのには、もう一つ切ない理由がある。アメリカでは魔法使いとノー・マジの結婚は法律で固く禁じられており、クイニーはジェイコブと家庭を築きたいと望むも、ジェイコブは彼女の身を案じて反対。そんなジェイコブに業を煮やしたクイニーは、魔法使いが存在を隠さずに済む世界を作ろうとする“黒い魔法使い”グリンデルバルドの仲間に加わり、彼の元を去ってしまった。ダンは「それに彼は、地平線の彼方に彼女(クイニー)の姿をじっと探しているんだ。彼女が戻ってくるんじゃないかとね。とても悲しかった」とぽつりとジェイコブの思いを代弁した。

 しかし、ジェイコブ同様に朗らかなダンはすぐに気を取り直すと、「でも面白いよね。ほかの皆が目的地を見据えてしっかり歩いているのに、彼だけ『(※オドオドして小声で)一体どこに向かっているの……?』というのはね(笑)。『きっと山に行くんだな』みたいな」と声色と表情を変えてひょうきんに話し、同席していたクイニー役のアリソン・スドルを大笑いさせた。

[PR]
息ぴったり! - 来日したアリソン・スドル&ダン・フォグラー

 アリソンは、複雑な旅路をたどることになったクイニーについて「彼女が最終的にどこへ行き着くのか、わたしもまだ知らない。だけど、自分の中にあるダークでヘビーなものに身を落として初めて、人はそこから這い出ることができるし、真の意味で成長できるのだと思う。通過儀礼のようなものね」と望みをかける。「ジェイコブとの関係が何の困難もなく上手くいって、深く考えることもせずにペイストリーを作っているだけじゃ成長できなかった部分を(今後のシリーズでも)掘り下げていき、見せていけたらいいなと思っているわ」とほほ笑んでいた。(編集部・市川遥)

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は公開中

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]